Case Study

事例紹介

情報共有による業務の効率化を実現

お客様に聞く

<日立金属株式会社安来工場 導入事例の概要>

製造部門から間接部門まで幅広く活用

当工場における「生産」「設備」「品質」「経営」の各種製造データの収集・蓄積・分析を行う製造データ活用基盤として、2014年からYDC SONARを導入しました。YDC SONARによる効果をご紹介します。

データを一元管理し分析・改善につなげる仕組みが必要

当工場が製造する製品は、航空機や自動車向けなどの高度な品質管理が求められるものが増加しています。更なる品質向上をめざしていくには、属人化をなくし、バラツキの少ないモノづくりを推進していかなければなりません。「スキル」や「勘」に依存しない品質向上を実現するために取り組むべきことをご紹介します。

製造業に特化したパッケージを第一要件として選んだ

導入当初は、十数製品をピックアップし、要件にそって比較・検討を行いました。最終的には、YDC SONARを含む三つのパッケージ製品に絞り、カタログやプレゼンをもとにベンチマークを実施しました。YDC SONARを選んだ理由をご紹介します。

なくてはならない情報共有環境を実現

YDC SONARによるデータ分析・改善の具体的な活用事例をご紹介します。

データ分析・改善の仕組みを横展開

全部門でYDC SONARが利用されているといっても、その多くは情報共有で終わっており、分析・改善に手が届いてる部門はまだまだ少ないのが現状です。今後はYDC SONARで分析・改善を進める啓蒙活動を展開していくための対応策をご紹介します。

▼▼続きはダウンロードしてご覧ください▼▼

*取材日時 2019年7月
*日立金属株式会社のサイト
*記載の担当部署は、取材時の組織名です。
*掲載文中の商品名は、変更・販売終了となっている場合があります。
詳しくは、当社のソリューションページをご確認ください。

関連記事

お問合わせ資料請求