製造現場のデータ活用を支える「YDC SONAR®」

IoT(モノのインターネット)、ビッグデータ、AIなどのIT技術革新によって、実世界から得られたデータを分析・解析し、
その結果を再び実世界へフィードバックするCyber Physical System(CPS)の仕組みが重要な位置づけにあります。
YDC SONAR® Version7.0はこのCPSを実現するためのプラットフォームとして、大幅な進化を遂げました。

YDCでは、1990年代から様々な製造データを収集、蓄積、解析して、製造の品質向上に活用する仕組み「YDC SONAR®」を提供しています。このたび、さらなる業務効率の向上を目指し、大幅なバージョンアップを実施することになりました。AI連携機能、IoTセンサデータ活用機能、ビッグデータ対応機能など新機能を多数搭載した「Version 7.0」を2017年10月にリリースいたしました。
拡大する
拡大する
拡大する


事例紹介