製造現場のデータ活用を支える「YDC SONAR®」

YDC SONAR® Version 7 は従来の『見える化ツール』を超えて、
AI連携機能を取り入れることによって、
多種多様なデータから予測や検証作業をワンプラットフォームで実現し、
品質予測や装置故障の予兆検知など様々な用途でご活用いただけるようになりました。

IoTやAI、ビッグデータが話題を呼んでいます。
特に製造現場においては、各種センサー機器の性能向上や通信技術の発達により、多種多様なセンサーデータが大量に発生しています。
これらの膨大かつ多様なデータから潜在情報を抽出・融合し、AIの処理機能を行うことで
「予知・予測結果」を再び現実世界にフィードバックするCPS(サイバー・フィジカル・システム)の仕組みが必要とされています。

機械学習や深層学習といったAI機能を利用して、温度や圧力などの各条件に応じた加工結果を過去のデータに基づき判断・予測することによって、
装置異常や品質不具合が発生する前に対処が可能となり、その結果、生産性向上・品質向上およびコストの大幅な削減が期待できます。
拡大する
拡大する
拡大する


事例紹介