ニュース&トピックス

実データを用いた検証サービス「YDC AI Incubation Service」提供開始

2019/07/10

AI(人工知能)の費用対効果を最大化にするための取り組みを包括的に支援する

「YDC AI Incubation Service(インキュベーション・サービス)」を提供開始。

当社は、製造現場の実環境で品質予測や異常検知などの検証を繰返すことで、費用対効果が最大となるAIの適用対象と手段を顧客とともに見出して行く、新しい共創サービス「YDC AI Incubation Service」を本日より提供開始いたします。

AI導入への関心はあるものの、知見やノウハウ不足により、

導入が進まない企業様を支援する

様々な業種や業務においてAI活用が注目されている中、AI導入の事前検証フェーズにおいては、方法の検討・期間定・結果の評価に加え、事業計画に基づいた費用対効果の予測までが課題となっています。しかしながらこれらに対する有効なアクションが起こせず、AI導入が停滞しているという状況も多く見受けられています。

実データを用いた検証を短期間で実施し、

確かな導入効果・成果を実感していただくことが可能に

「YDC AI Incubation Service」では、製造現場に、AI環境を搭載した実機を検証環境として導入することによって、実データを用いた継続的な検証が行えることが特徴の一つです。このことはオフラインデータを使った机上検証に比べ、数多くの「活きた」データを用いた検証を短期間で効果的に実施可能という大きなアドバンテージとなると考えております。 
 

また、この検証環境は、お客様主導での運用を想定しているため、計画・実行・結果の評価をお客様主体で展開することで検証作業者自身がその成果を直に体感し、かつ検証作業にスピード感を持たせ、結果に基づいた課題の整理から次のアクション検討への流れをよりスムーズに実現することが可能になります。

製造現場のAI活用を支える「ノウハウ・人材・仕組み」

「費用対効果」を最大化にするための取り組みを包括的に支援する

YDCはこの検証環境の導入にあたり、導入エンジニアリング・活用支援・ビジネス計画支援のサービスを併せて提供します。導入初期のスタートアップにとどまらず、運用の定着や費用対効果を最大化するための取り組みを包括的に支援します。

 

【YDC AI Incubation Serviceについて】製品紹介ページはこちらから

Incubation

卵の孵化

ai_incubation_logo.png

ロゴマーク

  AI活用の第一歩は、

"小さく始めて、大きく育てる"

まずは小さくやってみて『自社ではAIで何ができるか』AIの可能性を確認するのが大切だと考えています。卵から孵化した雛を育てるように、AI技術を活用し、事業付加価値の創造を支援することをインキュベーションと呼ぶようになりました。

AI活用における導入目的や費用対効果に向けての明確化をお客様と共に取り組みたいといった意味合いが込められています。

株式会社ワイ・ディ・シー(大阪オフィス) MFGコンサルティング部  担当: 大江 ・ 山口
  〒541-0043 大阪府大阪市中央区高麗橋4-4-9淀屋橋ダイビル
  TEL:06-7711-1950       E-mail: sonar_sales@ydc.co.jp

一覧に戻る

  • LINE
  • Mail