ニュース&トピックス

新型コロナワクチン接種後における副反応発生時への対応
~従業員向けに特別休暇制度を導入しました~

2021/08/02

新型コロナワクチン接種後における副反応発生時への対応

~従業員向けに特別休暇制度を導入しました~

当社は、新型コロナウィルスワクチンの接種を希望する社員およびその家族が、安心して接種を受けられる環境を整えるため、接種日および接種後に副反応による痛みや体調不良が発生し就業が困難となった場合に積立休暇制度(*)の利用ができるものとしましたのでお知らせいたします。本制度の導入により、接種を希望する従業員が安心して受けることができることを目的としています。

(*)傷病又は介護により連続 14 日以上の休業を要するときに使用するものとして、失効する年次有給休暇を最大 40 日まで積み立てることができる制度。

これまでも、全社的な在宅勤務の推奨、時差出勤、テレワーク一時金の支給など、社員の感染対策と円滑な事業活動を重視して取り組んでまいりました。今後も引き続き、安定した事業の継続とともに、社会全体で一日でも早く感染の収束につながるよう、従業員の健康に配慮した取り組みを強化してまいります。

【取得対象】

<種別>
A.本人接種   ワクチン接種日(2回)
B.本人副反応  ワクチン接種後、副反応により就業が困難な場合
(接種1回につきワクチン接種日を含め5日以内)
C.家族接種   ワクチン接種にあたり付き添いが必要な場合(ワクチン接種日)
家族の範囲・・・実父母、義理の父母、子

<適用期間> 2021年7月1日~2022年3月31日

【本件プレスリリースに関するお問い合わせ先】

株式会社ワイ・ディ・シー(大阪オフィス) 営業本部 担当:山口
E-mail: PR-info@ydc.co.jp

一覧に戻る

  • LINE
  • Mail