ニュース&トピックス

【Q&A 内容公開】2020/6/5開催ウェビナー『製造業におけるAI活用と未来』

2020/07/02

2020年6月5日(金)14:00~開催された「Ledge.ai Webinar vol.2」において、
当社の製品開発部 部長・内藤 孝雄が登壇しました。
当日、ご参加頂いた方から頂戴した質問と、その回答を公開しましたのでお知らせします。

共催セミナー.jpg

Q.製造現場のAI導入はどの部門が主導されていることが多いですか?
主導する部門により、うまくいきやすい、いきにくい、などあればその理由含めてお聞きしたいです。

Q.製造業においてAIプロジェクトを始める場合、どれぐらいの人数が必要でしょうか?

Q.製造業ではPoCでとまってしまうAI導入のケースが多いようですが、その理由はなぜですか?

Q.製造業に活用可能な最新のAI手法やトレンドを追いかけるのにおすすめの情報元・収集方法はありますか? 
 論文を読むのはつらいです。

Q.国内工場で確立した外観検査システムを、海外工場に展開することは可能でしょうか?

Q.工場検査分野以外のマーケティング領域のデータ分析における、AIでの活用事例を教えてください。

Q.人作業の異常(標準作業を実施しない)をAIで見える化することは可能でしょうか?

Q.クライアント側の人材育成もトレンドになっていますが、クライアント側にどんな人材がいると、
 プロジェクトが進めやすいですか?

Q.PoCでの目標精度(ゴール、終了条件)は設定していますか? 
 設定している場合は設定方法を教えてください。

Q.「データ収集」の難しさが障壁となってうまくプロジェクトが進まないケースの解決方法を教えてください。

レッジ共催セミナーQ&A (2).png

※セミナー主催者「Ledge.ai」の記事ページへ遷移します。

【ウェビナーの概要】

ldweb_2_825-01.jpg

製造業×AI活用の現在地を知る

近年、製造業におけるAI活用の流れは加速し、実用段階へと移り変わっています。
製造業の飛躍的な革新に向け、
AI活用は喫緊で取り組むべき経営課題となりつつあります。

しかし、AI導入と運用における問題は未だ後を絶ちません。
試作品を作ったものの頓挫してしまう、いわゆる「PoC死」を回避し、
AIを有効活用するためには、クライアント側にもリテラシーが求められています。

本オンラインセミナーでは、新型コロナウイルスで大きく変革する情勢を踏まえ、
製造業がこれからどうなっていくのかどう技術と向き合っていくべきか について、
有識者のディスカッションをお届けしました。

一覧に戻る

  • LINE
  • Mail