ニュース&トピックス

「CPS(サイバー・フィジカル・システム)次世代データ活用基盤」
 YDC SONAR® Version 7.0 発売開始

2017/10/03

当社は製造業向けに「YDC SONAR®」の最新バージョン(Version 7.0)の出荷を開始したことを発表します。今回のバージョンでは、従来の「見える化ツール」を超えて、AI連携機能を取り入れることによって、多種多様なデータから予測や検証作業をワンプラットフォームで実現できるようになりました。

【開発背景】

IoT(Internet of Things:モノのインターネット)やAI(人工知能)、ビッグデータが話題を呼んでいます。特に製造現場においては、各種センサー機器の性能向上や通信技術の発達により、多種多様なセンサーデータが大量に発生しています。これらの膨大かつ多様なデータから潜在情報を抽出・融合し、AI(人工知能)の処理を行うことで「予知・予測結果」を再び現実世界にフィードバックするCPS(サイバー・フィジカル・システム)の仕組みが必要となったためです。

【Version7.0製品コンセプト】

今回のリリースされたYDC SONAR® Version 7.0は、「CPS次世代データ活用基盤」を概念とし、データ活用を支える最先端のAI連携機能を搭載することによって、これまで人間の経験と勘でしか分からなかった知見を引き出して、製造現場へフィードバックする仕組みを実現します。

SONAR-20171003-1.jpg

YDC SONAR®が実現するCPS次世代データ活用基盤の概念図

「CPS次世代データ活用基盤」により装置異常や品質不具合が発生してから対応するのではなく、装置異常や品質不具合を予知・予測することによって、装置異常や品質不具合が発生する前に対処が可能となります。結果、生産性向上・品質向上およびコストの大幅な削減が期待できます。

【Version7.0主な特長】

    1. IoTセンサーデータ活用:センサーから取得する時系列データと、既存の製造実績データをノンプログラミングで繋げることができ、新たなKPIを発見することが可能になります。
    2. AI連携機能を搭載:各種AIライブラリと連携できる機能を搭載しました。AIに学習させるためのデータの準備からAI連携まで、一貫した業界唯一のデータ活用プラットフォームとして、様々な予測モデルを使ったデータ予測をサポートします。
    3. ビッグデータ活用:大量のデータをオンメモリで活用できるプラットフォームとして、100万件のデータを7秒で取得するハイパフォーマンスな検索と、PB(Petabyte)オーダーのデータレイクから検索できる分散データベース検索機能を搭載しました。超ビッグデータも迅速かつ容易に活用できるようになります。
    4.  

【京都大学大学院 情報学研究科システム科学専攻 教授 加納 学 氏のコメント】

製造現場にある膨大なデータを活用して、製品品質や生産性を向上させるためには、データの収集、前処理、解析、結果の可視化などを正確・高速・容易に実行できるプラットフォームが欠かせません。進化したYDC SONAR®が様々な産業分野のデータ活用に関するニーズを満たしてくれることを期待しています。

【YDC SONAR®について】

「YDC SONAR®」はYDCの独自開発のデータベースやネットワークなどのIT技術を活用し、モノづくりの現場で発生する膨大なデータを解析し、迅速な意思決定を支援する情報統合・解析ソリューションです。2017年9月までの累計販売実績数は、国内外で108社・156工場にのぼり、販売開始から20 年以上にわたり、業界トップクラスの実績を誇ります。
より詳しい情報は、
https://www.ydc.co.jp/service/sonar/ydcsonar.html
をご覧ください。

製品についてのお問い合わせ先
  株式会社ワイ・ディ・シー(関西支社) ビジネス推進部  担当: 辻 ・ 山口
  〒541-0043 大阪府大阪市中央区高麗橋4-4-9淀屋橋ダイビル
  TEL:06-7711-1950       E-mail: sonar_sales@ydc.co.jp

※「YDC SONAR」は株式会社ワイ・ディ・シーの登録商標です。
※その他の製品名、会社名は各社の登録商標または商標です。

一覧に戻る

  • LINE
  • Mail