ニュース&トピックス

暗号化や帯域制御など大幅な機能強化を実現~「Standby Express」の最新版を発表~

2015/04/22

ニュースリリース

                                    株式会社ワイ・ディ・シー

       暗号化や帯域制御など大幅な機能強化を実現
データベース災害対策ソフトウェア「Standby Express」の最新版を発表


株式会社ワイ・ディ・シー(本社:東京都府中市、代表取締役社長 三奈木 輝良、以下YDC)は、データベース災害対策ソフトウェア「Standby Express」の最新バージョン「Standby Express Ver.5」を開発、本日より出荷を開始します。

今回の新バージョンでは、本番機からスタンバイ機へ転送するデータの「暗号化機能」と「帯域制御機能」をサポートしました。これによりデータをより安全に、かつ効率的に転送することが可能になりました。このほか、「遅延適用」と呼ぶ機能をサポート。万一、本番機のデータを削除するオペレーションミスが発生した場合でも、スタンバイ機には削除前のデータを一定期間残す設定が可能です。また、同期や切替え等のタイミングでユーザ任意のプログラムを実行することが可能になりました。例えば、データベースだけでなく、テキストやイメージ、office文書などもユーザ作成のプログラムで同期するなど、利便性が一段と向上しました。

Standby Expressは、現在約400システムの導入実績があります。YDCでは今後も代理店販売を強化するなど積極的な活動を展開する方針で、初年度200システムの販売を見込んでいます。

プレスリリースの詳細はこちら

一覧に戻る

  • LINE
  • Mail