3

「製造業に強いワイ・ディ・シー」
その信頼を支える経験と人間力

製造業の課題に応え続ける
豊富な経験と実績

ワイ・ディ・シーは、世界有数の制御システムソリューションベンダー「横河電機」グループのIT専門企業として、1972年の創立以来、製造業を中心としたお客様にさまざまな製品やソリューションを提供してきました。電機、精密機器、自動車、鉄鋼、など幅広い業種のお客様に向けて、業務改善のための多彩なシステムを提供してきた経験と実績があります。

私たちは、製造業の業務知識も豊富に備えています。長年にわたってシステム基盤構築技術を磨き上げてきました。
私たちは「つなぐ」をコンセプトに、バラバラに見られていた「業務・機能・情報」を可視化して連携させることで、変化に強い柔軟な企業のビジネス情報基盤を構築します。
これにより実現できるのが、部門ごとに異なるシステム、分断された情報、そこから生まれてしまった非効率な業務を整えてスピード経営を後押しします。

独自のソリューションとソフトウェアで
ものづくり企業の発展に貢献

コンサルティングの域を超えた支援で
競争力向上に貢献

私たちは、製造業が抱える設計開発プロセスの課題解決のために、独自の改革プロセス方法論を構築するソリューションを提供しています。一般的なコンサルティングの域を超え、お客様と一体となって運用から効果創出までとことん支援するのが私たちのやり方です。「Vcycle」というソリューションコンセプトを掲げ、お客様の経営・事業環境から課題を把握・分析できる視点と知見を持ったコンサルタントを中心にプロジェクトを推進。お客様の競争力強化を目的に、包括的かつ最適なソリューションを提案します。

独自開発ソフトウェアで
品質改善・向上に貢献

製造業向けに独自開発ソフトウェアを提供できることも私たちの強みの一つ。1990年代から製造データの解析と品質改善を行ってきた実績を活かし、日本を代表するものづくり企業の品質改善にあたり、多くの実績を挙げてきました。現在では製造現場に向けたソリューションにとどまらず、経営の意思決定に活用できる仕組みを提供するなど、より高いレベルへと発展を遂げています。

常に先を見つめるトップランナーで あり続けるための独自の文化とマインド

新しい技術や発想を生み出すために
挑戦を続ける企業文化

ワイ・ディ・シーは1972年の創業以来、ネットワーク、データベース、UNIXなど数々の先進技術を専攻して提供してきました。リスクを恐れずに挑戦し続ける文化は、今も受け継がれています。

例えば近年では、将来の事業のタネやコア技術の研究開発を行う少数精鋭組織を創設。すでに製造現場に向けたデバイスやロボット、音声認識技術などの開発がスタートしています。また会社全体としては、全員にイノベーティブな思考を実践してもらうための研修を定期的に実施。新しい発見や提案に結びつけるためのヒントを探っています。

プロジェクト完遂に導く
スタッフの人間力

私たちがもうひとつ誇れること、それはお客様のパートナーであるために重要だと考えるのが“期待を超える成果”を生み出すマインドです。スタッフ一人一人がプロジェクト完遂への情熱にあふれ、「自らの仕事に責任をもち、最後までやりきる」その姿勢でお客様の信頼に応え続けています。「企業に、感動という付加価値を。」というスローガンを具現化する経験・ノウハウ、そしてマインド。これが、私たちの強みなのです。

全員でお客様に向き合い続ける
アドボカシーマーケティングの実践

全社員共通テーマとして活動し
顧客第一主義を実践

ワイ・ディ・シー独自のDNA、それが「アドボカシーマーケティング」です。私たちはお客様の課題解決だけでなく、さまざまな視点から感動を届けたいと考え、これまで10年以上にわたりその教育と実践に取り組んできました。

“顧客利益が私たちの利益である”という考えのもと、全社員が研修を受講。コンサルタントや営業、エンジニアだけではなく、日頃お客様との接点がない部署のスタッフも自社の先にいるお客様を常に意識し、行動しています。

新たな感動をお届けするために
お客様の声をフィードバック

常に最高のサービスを提供するため、毎年欠かさず行っている顧客満足度調査。しっかりと時間を設けて緻密なヒアリングと分析を行い、製品開発やサービスにフィードバックする取り組みです。お客様に新たな感動を提供するべく、さらなる付加価値の創造に励んでいます。