Standby Expressで災害対策

Standby Expressで「災害対策」

災害対策

災害や事故などの予期せぬ出来事が発生した場合、重要業務が中断しない、万一事業活動が中断した場合も目標復旧時間内に重要な機能を短時間で再開させることを目的とした計画(BCP:Business Continuity Plan)を策定する企業が増えています。
BCP の策定は、計画的・組織的に災害への備えを行っているとして、取引先の企業や客先から高く評価され、企業価値向上につながるので、多くの企業が取り組んでいます。
BCPには、ITにおける災害復旧計画(DRP:Disaster Recovery Plan)の策定が含まれおり、その災害対策(DR:Disaster Recover)においては、以下の2つの指標が重要となります。

RTO (Recovery Time Objective):障害発生箇所の復旧に要する時間を表わす指標
RPO (Recovery Point Objective):どの時点のデータへ復旧可能かを表わす指標

日々、バックアップ・テープを遠隔地に輸送する手段を選択することもできますが、RTO、RPOの要求を満たすには不十分であったり、輸送事故による情報漏洩の懸念から採用を見送るケースもあります。
また、RTO、RPOの要求を満たすことができる災害対策(DR)製品であっても、コスト面が問題となることがあります。
Standby Express は、データベースの災害対策(DR)として、投資コストを抑え、災害復旧計画で策定したRTO、RPO を実現するのに最適な製品です。

Standby Expressに関するお問合わせ

  • TEL 042-333-6217
  • FAX 042-352-6101
  • LINE
  • Mail