よくあるご質問 - Standby Express SQL Server 版

下記のカテゴリーに分けて皆さまからのご質問にお答えします。

Standby Express の動作について

Q.トランザクション・ログの転送プロトコルは何ですか?

Q.同期されるデータは、どこまでの内容ですか?

Q.同期時にエラーが発生した場合、同期に失敗したトランザクション・ログは再送されますか?

Q.本番側のトランザクション・ログを削除するタイミングは?

Q.スタンバイ側のトランザクション・ログを削除するタイミングは?

Q.同期中に次のスケジューリング タイミングがきて、2重に同期処理が実行されることは無いですか?

Q.トランザクション・ログ・ファイルの転送は、PUSH型ですか? PULL型ですか?

Q.本番側のサーバーの負荷はかかりますか?

Q.本番がフェールオーバークラスター構成の場合、トランザクション・ログ・ファイルの転送を行うホストは、予め決定しておく必要がありますか??

Q.本番側で表領域やデータファイルを追加する場合、スタンバイ側でも手動で追加する必要がありますか?

Q.本番側で表領域やデータファイルを削除する場合、スタンバイ側でも手動で削除する必要がありますか?

Q.本番側でデータファイルの改名を行う場合、スタンバイ側でも手動で改名する必要がありますか?

Q.スタンバイ側の本番化(フェイルオーバー)にかかる時間はどれくらいですか?

Q.本番側でトランザクション・ログ・ファイルの追加または、削除を行う場合、スタンバイ側でも手動でトランザクション・ログ・ファイルの追加/削除が必要ですか?

Q.復旧モデルが「完全」以外の場合、トランザクション・ログが生成されないため、スタンバイ側への同期ができないと思いますが?

Q.今使っているシステムでStandby Expressを利用する場合、どの程度のデータを伝播することになるか、簡単に調べる方法はありますか?

Standby Expressの機能について

Q.自動でスタンバイ・データベースを作成する機能はありますか?

Q.ログインは同期されますか?

Q.システムデータベースは同期できますか?

Q.ロールは同期されますか?

Q.トランザクション・ログを圧縮転送することはできますか?

Q.同期間隔等のスケジューラ機能は有りますか?

Q.特定の時間帯の同期を止める設定は可能ですか?

Q.スタンバイ機の読取専用時間帯の設定は可能ですか?

Q.スタンバイサイトを複数構築することは可能ですか?

Q.GUIベースの管理画面は有りますか?

Q.コマンドラインのインターフェースは有りますか?

Q.Oracle のようなTNS接続文字列に複数のホストを記載する等、クライアントやAPサーバ側で接続時自動フェイルオーバーさせることは可能ですか?

Standby Expressの動作環境について

Q.対応しているプラットフォームとSQL Serverのバージョンは何ですか?

Q.Windows Server Failover Clustering 環境に対応していますか?

Q.Windows Server 2012 で「透過的な暗号化」の機能を使用している場合、正しく同期できますか?

Q.Standby Express は、標準、または市販のバックアップ・ソフトと併用可能ですか?

その他

Q.ライセンス価格を教えて下さい。

Q.選択するプラットフォームによって価格やライセンスは変わりますか?

Q.スタンバイ側の SQL Server ライセンスは必要ですか?

Q.デモを見たいのですが

Standby Express® の動作について

Q.トランザクション・ログの転送プロトコルは何ですか?
A.Standby Expressでは、独自プロトコルを実装しています。FTPやSCP等は、利用しません。

Q.同期されるデータは、どこまでの内容ですか?
A.同期処理が開始された時点の最新データまで同期されます。

Q.同期時にエラーが発生した場合、同期に失敗したトランザクション・ログは再送されますか?
A.トランザクション・ログ削除タイミングはStandby Expressで制御することが出来ます。

Q.本番側のトランザクション・ログを削除するタイミングはいつですか?
A.はい。次の同期タイミングで再送します。
本番側から、スタンバイ側へのトランザクション・ログ適用がエラーなく行えた場合にのみ、不必要になった本番側のトランザクション・ ログを削除します。
また、任意のトランザクション・ログ保存期間を設定することも可能です。

Q.スタンバイ側のトランザクション・ログを削除するタイミングはいつですか?
A.スタンバイ側でのトランザクション・ログ適用後に削除します。

Q.同期中に次のスケジューリングタイミングがきて、2重に同期処理が実行されることは無いですか?
A.2重に同期処理が実行されることは有りません。
Standby Expressのジョブ・キューイング メカニズムでは、既にキューイングされている同種のジョブがある場合、新たなキューイングは行いません。

Q.トランザクション・ログ・ファイルの転送は、PUSH型ですか? PULL型ですか?
A.PUSH型となります。本番側からスタンバイ側へ転送いたします。

Q.本番側の負荷はかかりますか?
A.本番側は基本的にスタンバイ側へのトランザクション・ログのコピー処理がメインになるため、ほとんどかかりません。

Q.本番がフェールオーバークラスター構成の場合、トランザクション・ログ・ファイルの転送を行うホストは、予め決定しておく必要がありますか?
A.トランザクション・ログ・ファイルの転送を行うホストを決定しておく必要はありません。
トランザクション・ログ・ファイルの転送を行うホストは、Standby Expressが自動的に決定します。

Q.本番側で表領域やデータファイルを追加する場合、スタンバイ側でも手動で追加する必要がありますか?
A.スタンバイ側で手動追加する必要はありません。
Standby Express の機能で、自動的にスタンバイ側にデータファイルを追加します。
ただし、ディレクトリを追加した場合、スタンバイ側にも事前に作成しておく必要があります。

Q.本番側でデータファイルを削除する場合、スタンバイ側でも手動で削除する必要がありますか?
A.スタンバイ側で手動削除する必要はありません。
Standby Express の機能で、自動的にスタンバイ側のデータファイルを削除します。

Q.本番側でデータファイルの改名を行う場合、スタンバイ側ではどのような操作が必要ですか?
A.一旦、スタンバイ側のデータベースを削除し、複製を行う必要があります。

Q.スタンバイ側の本番化(フェイルオーバー)にかかる時間はどれくらいですか?
A.通常、数分で完了します。

Q.本番側でトランザクション・ログ・ファイルの追加または、削除を行う場合、スタンバイ側でも手動でトランザクション・ログ・ファイルの追加/削除が必要ですか?
A.スタンバイ側で手動追加/削除する必要はありません。
Standby Express の機能で、自動的にスタンバイ側にトランザクション・ログを追加/削除します。
ただし、ディレクトリを追加した場合、スタンバイ側にも事前に作成しておく必要があります。

Q.復旧モデルが「完全」以外の場合、トランザクション・ログが生成されないため、スタンバイ側への同期ができないと思いますが?
A.Standby Express をご使用する際は、復旧モデルを「完全」にして運用していただく必要があります。

Q.今使っているシステムでStandby Expressを利用する場合、転送されるトランザクション・ログ・ファイルの量を事前に調べる方法は有りますか?
A.事前にトランザクション・ログ・ファイルのサイズを見積もる方法はございません。
復旧モデルが「完全」以外の場合は、復旧モデルを「完全」に変更し、出力されるトランザクション・ログ・ファイルの容量をご確認ください。
復旧モデルが「完全」の場合は、既に出力されているトランザクション・ログ・ファイルの容量をご確認ください。

Standby Express® の機能について

Q.自動でスタンバイ・データベースを作成する機能はありますか?
A.はい、あります。
GUIコンソールから可能です。

Q.ログインは同期されますか?
A.SQL Server 認証のユーザのみ同期を行うことができます。
Windows 認証のユーザは同期されません。

Q.システムデータベースは同期できますか?
A.いいえ、Standby Express ではシステムデータベースの同期はできません。

Q.ロールは同期されますか?
A.いいえ、Standby Express ではシステムデータベースの同期はできません。

Q.トランザクション・ログを圧縮転送することはできますか?
A.はい、できます。
手動で作成していただく必要があります。

Q.同期間隔等のスケジューラ機能はありますか?
A.はい、あります。
独自スケジューラを実装しています。

Q.特定の時間帯の同期を止める設定は可能ですか?
A.はい、可能です。
非同期時間帯のスケジューリングを行うことが出来ます。

Q.スタンバイ機の読取専用時間帯の設定は可能ですか?
A.はい、可能です。
読取専用時間帯のスケジューリングを行うことが出来ます。
ただし、読取起動中は同期処理はスキップされます。

Q.スタンバイサイトを複数構築することは可能ですか?
A.はい、可能です。

Q.GUIベースの管理画面はありますか?
A.はい、あります。

Q.コマンドラインでのインターフェースはありますか?
A.はい、あります。
GUI操作以外にコマンドラインでも各種オペレーションの実行が可能です。

Q.OracleのようなTNS接続文字列に複数のホストを記載するなど、クライアントやAPサーバ側で接続時自動フェールオーバーさせることは可能ですか?
A.接続時自動フェールオーバーさせることはできません。

Standby Express® の動作環境について

Q.対応しているプラットフォームとSQL Serverのバージョンは何ですか?
A.対応しているプラットフォームおよびSQL Serverのバージョンの一覧は以下になります。

対応プラットフォーム一覧

プラットフォーム サーバ GUIコンソール
Windows Server 2016 (x86-64)
Windows Server 2012 R2 (x86-64)
Windows Server 2012 (x86-64)
Windows Server 2008 R2 (x86-64)
Windows Server 2008 R2 (Itanium) × ×
Windows Server 2008 (x86)
Windows Server 2008 (x86-64)
Windows Server 2008 (Itanium) × ×
Windows Server 2003 R2 ×(※) ×(※)
Windows Server 2003 ×(※) ×(※)

(※) サポート対象外ですが、ご要望があればご相談ください。
(注) 同期対象のデータベースの互換性レベルは、インストールした SQL Server のバージョンと同一である必要があります。

SQL Server 対応エディション一覧
バージョン エディション
Microsoft SQL Server 2016 Enterprise
Standard
Microsoft SQL Server 2014 Enterprise
Business Intelligence
Standard
Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
Business Intelligence
Standard
Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
Enterprise
Standard
Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
Standard

※詳細なOS・SQLServer対応状況は対応表を御覧ください。
※表記のない有償エディションへの対応につきましては、お問合せください。

Q.Windows Server Failover Clustering 環境に対応していますか?
A.はい、対応しています。

Q.Windows Server 2012 で「透過的な暗号化」の機能を使用している場合、正しく同期できますか?
A.はい、同期できます。

Q.Standby Express は、標準、または市販のバックアップソフトと併用可能ですか?
A.標準、または、市販のバックアップソフトとの併用に対応していません。

その他

Q.ライセンス価格を教えて下さい。
A.価格表をご覧ください

Q.選択するプラットフォームによって価格やライセンスは変わりますか?
A.変わりません。

Q.スタンバイ側の SQL Server ライセンスは必要ですか?
A.バージョンによって異なります。
● Windows Server 2008 R2 以前
スタンバイ側の SQL Server ライセンスは必要となります。
また、プライマリ側とエディションを合わせる必要があります。

● Windows Server 2012 以降
読取り専用 (Read Only) モードを使用しない場合のみ、スタンバイ側の SQL Server ライセンスは不要となります。
読取り専用 (Read Only) モードを使用する場合は、スタンバイ側の SQL Server ライセンスが必要となります。
また、プライマリ側とエディションを合わせる必要があります。

Q.デモを見たいのですが
A.いつでも、どこでも お伺い致します。弊社までご依頼下さい。

Standby Expressに関するお問合わせ

  • TEL 042-333-6217
  • FAX 042-352-6101
  • LINE
  • Mail