技術資産可視化ツール:ID Suite

技術資産可視化ツール「Intelligence Design Suite(ID Suite)」により
製造業の設計開発領域における課題解決を支援する。

日本の製造業の多くは市場要求や環境の変化、国内外メーカーとの競争に対応するため設計のアウトソースや分業化を進めてきました。
その結果、担当業務範囲が狭くなり統合設計する経験・能力を持った技術者が育たなくなり設計品質の低下や属人化が進んでおります。
また、団塊の世代の大量退職による「暗黙知が継承されないことによる熟練ノウハウの喪失」が懸念されております。
    ID Suiteは、
  1. 「シニアエンジニアの活用」再雇用含めたシニアエンジニアが、ノウハウとして持っていた情報を体系的に整理して蓄積できる。
  2. 「技術伝承」結果系の成果物管理ではない、設計要素(エレメント)の関係性が可視化できることで、設計変更時の影響範囲が簡単にわかる等の今まで若手が悩んでいた製品情報がガイドできる。
  3. 「技術者育成」製品全体像がつかめていない若手でも自分の知っている範囲の情報をボトムアップで記述することで、ベテランの指摘をもらいやすくなったり、シニアエンジニアがまとめた情報を活用することで、早期の育成に繋がります。
拡大する

関連ソリューション