デザインモデル(Design Model)

デザインモデル(Design Model)をコア部分とする「グローバル技術基盤構築」により
「無形資産(知識、ノウハウ、能力)」のマネジメントを実現する。

「無形資産(知識、ノウハウ、能力)」マネジメント支援ソフトウェアスイート
Intelligence Design Suite(ID Suite)

「有形資産」から「無形資産」に企業の競争力の源泉が大きくシフトしていく中で、「知識、ノウハウ、能力」という「無形資産」の経営管理の巧拙が企業間の競争優位に大きな差をつけると我々は考えています。「グローバル技術基盤」はそのためのマネジメンインフラです。
「知識、ノウハウ、能力」という「無形資産」をマネジメントするためには、企業内にある「知識、ノウハウ、能力」という見えざるものを可視化し、管理できるモノとするために、それらをモデル化する必要があります。我々は、この「知識、ノウハウ、能力」をモデル化したものをデザインモデルと呼び「グローバル技術基盤」のコア部分と位置づけています。しかし、この「デザインモデル構築」は非常に困難を極めるため、多くの製造業が諦め、従来通りの「設備やカネ」など「有形資産」偏重の経営管理手法を続けているのが現状です。
共動創発は、「デザインモデル構築」を可能にする独自の方法論と支援ツールを開発し、これらを提供する事で、製造業が「知識、ノウハウ、能力」という「無形資産」重視経営に変わる事を支援しています。
拡大する

関連ソリューション

共動創発

製造業は、グローバル規模でのモノづくり体制を整えることが急務となっています。YDCは、日本のモノづくり企業がグローバルビジネスを戦うための業務プロセス改革コンサルティング事業「共動創発」を推進しています。

PLMソリューション

PLM導入においての業務分析・運用ルール作りからシステム構築・開発までご支援します。

ID Suite

技術資産可視化ツール「Intelligence Design Suite(ID Suite)」により 製造業の設計開発領域における課題解決を支援する。

マスカスタマイゼーション改革支援

YDC共動創発では、ビジネス戦略・ビジネスプランの策定を含めたマスカスタマイゼーションモデルへの変革全体の グランドデザインサービスを提供しております。

コンフィグルール整備支援

コンフィグルールをデザインするという事は、顧客プロセスと設計プロセスとルールを可視化し、それらを適合する作業です。 YDC共動創発は、コンフィグルールデザインを成功に導くための方法論を提供する事が可能です。

CPQソリューション

YDC共動創発では多くの製造業改革を支援してきた“経験知”を基に、ソリューション導入後の継続的な運用や仕組みの進化までを 考慮した、独自の“CPQソリューション”を開発・提供しております。