共動創発が提供する支援サービス

共動創発は、「創発デザインシステム」の構造を参考に、ボトムアップ/トップダウンの双方向からアプローチする独自の業務改革方法論を構築し、実際の改革プロジェクトで大きな効果をあげています。

不可欠なグローバル技術基盤構築

日本のモノづくり企業がグローバル規模でのモノづくり体制を整えるためには、以下の視点が極めて重要です。
① フロントエンド・イノベーション
② フレキシブル・オーガナイゼーション
③ ビジネスリーダー育成
④ レイヤー戦略/マージナル戦略
さらに、これらの変革を支えるのが堅固な「グローバルでの技術基盤」です。共動創発では、この5つの領域における実現化支援サービスを提供しています。

また、プロジェクトの遂行に当たっては、①計画&短期施策フェーズ、②実行フェーズ、③定着化フェーズの3つのフェーズで進めます。
既存プロジェクトとの整合も踏まえ、目的を融合させながら改革実行/定着に向けて支援を行っていくことが重要と考えています。
拡大する

事例紹介

関連ソリューション