Oracle E-Business Suite

シングルDBでグローバル情報を一元管理
Oracle E-Business Suite

会計から人事、営業、マーケティング、購買、生産計画、生産管理、物流など、ERPを中心として社内の基幹業務全てを網羅したビジネスプロセスの管理を行うのがOracle E-Business Suite。 複数の拠点、あるいは各業務内で個々に管理している情報等をひとつにまとめて一元管理を実施することができるため、国内外で大規模にビジネスを展開する企業に最適なソリューションです。

YDCは2001年に日本オラクルとOracle E-Business Suiteをベースとするビジネスで業務提携し、以後業種を問わず数多くのシステムを手がけてきました。
上流工程であるプロジェクト計画立案や要件定義から、システム構築、運用支援、保守を含めたトータルサポートを展開。とりわけ会計やサプライチェーン管理の分野においては業界でも有数の実績を保有しているのが特徴です。

他パッケージとの連携で短期導入を実現

YDCが導入したOracle E-Business Suiteの事例のなかで、ユニークなのが大手通信機器メーカの基幹システムです。
最大の特長はOracle E-Business Suiteと国産パッケージのProActiveを組み合わせたこと。大量のデータ処理や監査・統制、多次元分析などに優れたOracle E-Business Suiteと、日本固有の商習慣や法制度への対応に優れたProActiveの両パッケージを採用することで、カスタマイズ開発を低減、開発コストの大幅な削減と短期間での導入を可能にしました。