Oracle Hyperion Planning 管理会計テンプレート YDC EPM WORKS = サキヨミ/サキヨミmini

予算業務の効率化に加えて、
意思決定をサポートする仕組みを実現します

基幹業務システムの導入により業務の効率化が行われ、様々な経営データが入手できるようになり「見える化(=いま何が起こっているのか)」が実現されてきています。

次のステップとして、「分析力(=なぜそうなったのか、これからどうなるのか)」と「行動力(=何をすればよいのか)」を強化し、意思決定につなげていくためには精度の高い予算・予測システムが必要になります。
YDC EPM WORKS(サキヨミ)は、日本オラクルの予算管理ソリューション Oracle Hyperion Planning のテンプレートソフトウェアとして製品化したものです。(Oracle Hyperion Planningは、日本オラクルの企業パフォーマンス管理ソリューションの一つで、 計画/予算策定/予測機能をサポートしています)

YDC EPM WORKS(サキヨミ)を利用することで、予算編成から予実管理、予測管理まで一貫性ある仕組みが構築でき、シニアマネジャーからトップマネジメントまでが必要なときに 必要な切り口で 容易に 情報を 取得し、活用し迅速な意思決定を行えるようサポートします。

  • YDC EPM WORKS(サキヨミ)は日本オラクルの「Oracle Accelerate」に 認定されました。

中堅企業向け予算管理パッケージ、サキヨミmini

サキヨミの基本コンセプトはそのままに、機能を絞って低コスト、短期間(最短で3ヶ月)で導入可能なパッケージがサキヨミminiです。
事業別損益管理の機能や、予算審議のための各種レポートが事前に定義されており、予算編成のリードタイムを大幅に短縮することができます。

サキヨミminiの主な特長

  • 入力画面20種類、帳票12種類、配賦機能を用意
  • 導入費用 + Hyperion Planningのライセンスをパッケージング
  • サンプル業務フロー、各種開発定義書を提供

関連サイト

日本オラクルの経営・財務分析に関するソリューションについては下記CFOを対象としたサイト等を参照ください。
http://www.oracle.com/jp/solutions/financial-management/index.html