MCFrame原価管理ソリューション:フカボリ

製造業が抱える悩みを「フカボリ」が解決。
国内外を問わないマルチサイトに対応した総合的な原価管理を実現します。

企業においては近年、原価管理のあり方を見直し、積極的に企業経営に活用していこうという動きが出始めています。とはいえ、以下のような多くの課題があり、解決策を模索しているというのが現実です。

MCFrame原価管理を定額で、すばやく、稼動後もフルサポート!

「フカボリ」は、こうした課題を解決することを目的に、YDCがこれまでに手がけてきた原価管理の導入手法をMCFrame上に展開したソリューションです。いち早く、シンプルに導入いただくため、パッケージライセンスや導入支援費用、初年度分の運用支援費用をバンドルしました。

「フカボリ」導入後の主な効果

「フカボリ」導入・運用支援サービス

導入~切替えフェーズでの支援内容とスケジュール

  • MCFrameの短期導入支援ドキュメント「PowerStart」をベースに、事例やノウハウを反映した
    独自ドキュメントを提供します。
  • 標準機能の使用を前提とした導入支援を行います。逸脱する部分については、標準機能での
    代替案を提示し、短期導入を図ります。
  • プロトタイピング実施前に、当社講師によるMCFrame原価管理の導入教育を行い、プロトタイピングは
    標準マスタセットによる機能検証を中心に実施します。
  • マスタデータ移行は、当社の支援のもと、MCFrameのツールである
    「プロトマスタ移行ツール」を利用して行います。

切り替え~運用フェーズでの支援内容とスケジュール

<オンサイト対応>

実績データ取込(生産実績データを原価管理で取込む際の作業を支援します)
  • 取込エラーの要因調査など
原価計算実行(原価計算実行時の作業を支援します)
  • 計算実行時のエラー要因調査
  • 差額情報発生時の要因調査など
計算結果確認(計算結果確認時の作業を支援します)
  • 計算結果の確認方法支援など
分析画面操作(分析系画面の操作方法を支援します)
  • レポートパタンの設定方法支援
  • 分析系画面の確認方法支援など。

<オフサイト対応>

インシデント対応:(E-mail問合せ)
定期運用会議の主催
  • 月次処理終了ごとに運用会議を開催し、運用面での課題確認、生産プロセスの改善活動を支援します。
  • 年次(半期)等の組織変更対応方法を支援します。