BPM基盤構築コンサルティング

BPM(Business Process Management)を実現する基盤構築を、システム化計画~運用開始まで、さらには運用開始後の改善活動までご支援します。

以下の工程を経て、お客様とBPM適用範囲(スコープ)を決定し、段階的に構築を行います。
(0) システム化範囲の決定
(1) システム方式設計
(2) 業務要件定義
(3) 設計/開発
(4) テスト
(5) 運用評価

BPMの立ち上げには、「KPIの策定」「小さく始めて適用範囲を拡大する」「設計/開発/テスト/評価のサイクル回し、ユーザフィードバックを反映する」ことが重要であり、また、BPMの成功には、PDCAサイクルによる継続的な改善を現場主導で行い、状況変化に常に対応していくことが必要不可欠です。

YDCでは上記の方法論を活用し、お客様のBPM立上から継続的な改善活動をサポートします。
拡大する
拡大する

事例紹介