BPMが企業体質を強化

1つでも該当すればBPM導入をぜひご検討ください

BPM(business Process Management)は経営管理手法です

一連の業務をビジネス・プロセスとして管理します

  • 組織を超えたEnd-to-Endの一連の業務が管理できます。
  • 一連の業務が誰もが理解できる形式で可視化します。
  • 業務の実行状況の監視によりボトルネックなどの問題点が把握できます。
  • PDCAサイクルによる継続的な改善により状況変化に常に自ら適応できます。
  • 規定された業務を実行することになるのでガバナンスが向上します

BPMを成功させるのはITの力が不可欠です

BPMの概念を実現するBPMS (Business Process Management Suite)

YDCは適したBPMSを使用してBPMの実現をお手伝いします

BPM推進フレームワーク(日本BPM協会策定)で業務改革を進めます

0. 着眼・始動
ビジネス・プロセス改革の背景・目的・方法・体制を明確にする
1.モデリング(可視化)
プロセスの現状をモデル化し共通認識と目標・課題を設定する
2.再設計
課題を想定し、実行可能なプロセスを設計する
3.実装・配備
プロセスの自動化設計から実装・配備までを行う
4.業務運用
日常業務を、定義されたプロセスとモニタリングを活用して効率的に遂行する
5.運用最適化
モニタリングデータを基にプロセスのボトルネック解消、リスク対応の改善を行う
6.新たな着眼
より高いレベルの目標に向けて着眼を設定する

BPMでは、システム連携が必須です

BPMの導入によって様々な業務改善を可能にします