第15回SONAR研究会開催のご案内

日時
2018年11月9日(金)13:10~19:00 (12:40~受付開始)
会場
東京コンベンションホール
〒104-0031 東京都中央区京橋三丁目1-1 東京スクエアガーデン5F

詳細

図1d.png

製造業に携われている全ての方々の交流・情報交換の場として、設立された「SONAR研究会」は2008年に初開催して以来、今年で10周年を迎えることとなりました。

これまで「SONAR研究会」にご参加いただいた方々には「業種を超えた情報交換ができる場として継続、発展させて欲しい」「同業他社の悩みや苦労を聞くことが出来て、大変参考になった」「明日から実務に取り入れたいヒントを得られた」など、ありがたいお言葉を多数頂戴し、また実際に現場で製造に取り組んでおられる方からの発表も大きな反響を呼んできました。

こうして回を重ねて来られたのも、ひとえに皆様の暖かいご支援のお蔭と、心より御礼申し上げます。「SONAR研究会」は、今後も進化し、発展的な活動を継続して行っていきたいと考えています。

第15回SONAR研究会では「製造現場におけるAI活用のリアルと課題」をテーマとし、有識者による「パネルディスカッション」のほか、ユーザー導入事例発表や京都大学加納教授の10年間振り返り講演など、皆様にお役に立つ多彩なコンテンツをご用意いたしますので、ぜひご参加いただければ幸いです。

SONAR研究会Webアンケート.png

★★★【製造業におけるAIへの取り組み】WEBアンケートを実施しております ★★★

ご回答者の中から
抽選で「Amazonギフト券1,000円分」を100名様にプレゼントします。
ぜひご協力をよろしくお願いいたします。

アンケートのご回答はこちらから

※アンケートの集計結果は第15回SONAR研究会で紹介させていただきます。
※回答期限は10月19日(金)となります。

時 間 プログラム
12:40

受付開始

13:10~13:20

開会のご挨拶

13:20-14:10
(50分)

YDC SONAR ®ユーザー導入事例発表

「市場品質・生産データの一元管理と業務効率化、社内利用の推進」

ジヤトコはAT/CVTのメーカーとして、市場・生産・開発の品質情報分析のため、YDC SONAR®を導入し8年が経過していました。現在YDC SONAR®の利用は品質部門のみならず生産・開発まで広がっており、業務に不可欠なシステムとして定着しています。しかしながら、YDC SONAR®導入直後は、少人数での利用にとどまっていました。その後、利用推進の取り組みを行った結果、全社でYDC SONAR®の利用が進み、現在に至っています。今回、導入から現在までの利用状況と利用推進の取り組みを可能な限り定量的に整理し、苦労した点、うまく行った点、課題を「なぜなぜ」で深堀し紹介します。


ジャトコ株式会社
品質企画管理部
プロフェッショナルスタッフ
木室 正一郎

14:20-15:10
(50分)

技術講演  

「AI時代のプロセスデータ解析 -この10年を振り返りつつ-」

製造現場で収集・蓄積されるデータを活用して、製品品質や生産性を向上させるために、具体的にどうすればよいのか?この10年間、「SONAR研究会」で伝えようとしてきたのは、この問いへの回答だと言えます。製造現場を取り巻く環境もデータ解析技術も大きく変化し、AIが様々な分野で活用されつつある今、プロセスデータ解析がどのように変わってきたか?そしてどのように変わりつつあるかについて、率直な危惧や批判も交えながら紹介します。

京都大学大学院 情報学研究科システム科学専攻
教授 加納 学
(株式会社ワイ・ディ・シー 技術顧問)

15:25-16:40
(75分)

《10周年特別企画》パネルディスカッション

話題のAI(人工知能)、実際のところはどうなの? ~製造現場におけるAI活用のリアルと課題~

製造現場ではAI利活用への注目度は日々高まっているものの、AIを使えば魔法のようにすべてが解決すると思っている人が多いのではないでしょうか。製造現場の生産効率の向上に重点を置く
YDC SONAR®のユーザー企業から、活用の状況や導入が進まない理由を語っていただきます。また、データ解析の分野で高い見識を持つ京都大学 加納 学教授もパネリストとして参加し、異なる観点からご意見を伺います。「そこは~、そもそもAIじゃなくてもいいんじゃない?」なんて意見も出るかもしれません?!

【パネリスト】

京都大学大学院 情報学研究科システム科学専攻
教授 加納 学
(株式会社ワイ・ディ・シー技術顧問)

堺ディスプレイプロダクト株式会社
生産本部 液晶生産センター
プロセス技術部 課長 飛鷹 亮

JFEスチール株式会社 スチール研究所
計測制御研究部
主任研究員(副部長) 茂森 弘靖

株式会社ワイ・ディ・シー 開発本部
YDCラボ 上席技術コンサルタント
 北山 貴之

【司会(モデレーター)】

ルネサスセミコンダクタマニュファクチュアリング株式会社
技術統括部 生産システム技術部 主管技師 前田 和彦

16:40-16:55
(15分)

YDC SONAR®最新情報

「第3回SONARユーザーヒアリング会開催結果報告」


株式会社ワイ・ディ・シー 開発本部 製品開発部
プロダクトデザイナ 衣笠 祐一

17:05-17:40
(35分)

グループ討議

「もっと講師と情報交換をしたい!」「講演内容をより深く聞きたい」などご要望にお応えし、発表講師と率直な意見交換ができる場を設けております。 ぜひご活用ください。

【A】ユーザー導入事例発表    【B】技術講演     【C】YDC SONAR®について

17:45-19:00

懇親会

SONAR研究会終了後に、企業や業種の枠を超えたお客様同士による「情報交流の場」としてご活用いただける懇親会を開催します。また、会場内に技術エンジニアに直接ご質問・ご相談いただける、YDCや協賛パートナー企業によるデモ展示コーナーもございます。

多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

※プログラム内容やタイトル、時間等は変更になる場合もございますのでご了承ください。

開催概要

日時

2018年11月9日(金) 13:10~19:00 (12:40~受付開始)

場所

東京コンベンションホール アクセスMAP

定員

200名

対象

当研究会への参加は、原則としてYDC SONAR®製品をご利用のお客様、または特別にご招待するお客様に限定させていただいております。

参加費

無料・事前申込制

主催

SONAR研究会幹事会
 株式会社SUMCO
 JFEスチール株式会社
 ジヤトコ株式会社
 日本ガイシ株式会社
 横河マニュファクチャリング株式会社
 ルネサスセミコンダクタ マニュファクチュアリング株式会社 (50音順)

協賛
  • 東京電機産業株式会社 
  • 横河商事株式会社 
  • 横河ソリューションサービス株式会社(50音順)
申し込み方法

下記ボタンより申込フォームへお進みください

※同業他社様、および個人のお客様からのお申込みはお断りさせていただく場合があります。
※申込数が定員数を超えた場合、抽選となります。あらかじめご了承願います。
※定員になり次第、申し込みを締め切らせていただく場合がございますので、お早めにお申し込みください。
※お申し込み状況により、同一会社様の参加人数を制限させていただく場合があります。
※お申し込み後のキャンセルや参加者のご変更などは下記事務局までご連絡ください。

お問い合わせ

SONAR研究会事務局 (担当:辻、山口)
株式会社ワイ・ディ・シー 
E-mail:sales_eng@osaka.ydc.co.jp

個人情報の取扱いについて

株式会社ワイ・ディ・シーでは、当社の個人情報保護方針に従い、必要な安全管理措置を行います。
個人情報保護方針につきましてはこちらをご確認ください。

  • LINE
  • Mail