企業情報基盤に変化対応力を! ビジネスの変化にシステムはどう対応するか
~業務プロセスから連携基盤構築~

日時
2016年1月27日(水) 13:30~16:40 満席のため受付は終了いたしました
会場
ヒューリックカンファレンス(HULIC CONFERENCE)【東京・浅草橋】 3F ROOM3

詳細

日々ビジネス環境は変化し続けており、ビジネスモデルと直結する情報システムには​経営環境へ スピーディー且つ柔軟に対応できることが求められています。
本セミナーでは、業務プロセス可視化の方法、業務プロセス改善、連携基盤構築につきまして、 DataSpider Servistaを有効活用した具体的な事例を交えながらご紹介します。

    

時 間 プログラム
13:30~13:35

開催のご挨拶

13:35~14:25

業務プロセスの見える化から“つなぐ”基盤へ。手法と事例を紹介

ビジネス環境の変化に迅速な対応ができるシステムとは?本セッションでは業務、情報、機能の見える化から、「全体最適化された共通基盤の構築」によって変化対応力を獲得するという課題にチャレンジするために押さえておくべきポイントについてご紹介いたします。

株式会社ワイ・ディ・シー
情報活用基盤事業本部
SOAソリューション部
部長 横井 潤

14:35~15:25

業務プロセスの見える化で業務改革はこう変わる
~DataSpider BPMで実現する業務見える化~

業務改革は成功していますか?競争力強化、グローバル対応、コンプライアンス。様々な背景から業務改革に取り組まれていると思いますが、なかなか結果がでないという方も多いのではないでしょうか。
業務改革には、パフォーマンス確認と定着状況の確認のために業務の見える化は必要不可欠です。本セッションでは、具体的な事例をもとにDataSpider BPMで実現する業務改革についてご説明いたします。

株式会社アプレッソ
事業推進本部 技術部
部長 友松 哲也 氏

15:35~16:25

業務プロセスからシステムをつなぎ業務自動化を実現
~DataSpider Servistaで実現するデータ連携基盤~

業務プロセスのヒューマンフローとシステムフローを連携することにより、従来人手による処理を簡素化・自動化できます。
個々のユーザと組織の業務効率を向上させるだけでなく、企業全体の業務やビジネスに波及し、そのスピードアップ効果も期待できます。今回は、具体的な事例をもとにDataSpider Servistaで実現するデータ連携基盤についてご説明いたします。

株式会社アシスト
情報基盤事業部
製品統括部
鏑木 彩乃 氏

16:25~16:40

質疑応答・閉会のご挨拶

※プログラム内容や時間は予告なく変更になる場合もありますので、ご了承ください。

開催概要

日時

2016年1月27日(水)13:30~16:40 満席のため受付は終了いたしました

場所

ヒューリックカンファレンス 【東京・浅草橋】 3F ROOM3

定員

45名 ※定員になり次第、締め切りさせていただきます。

対象

情報システム部門、経営企画部門、DataSpider製品をお使いのお客様・検討中のお客様

参加費

無料(事前登録制)

主催

株式会社アプレッソ

協賛

株式会社アシスト / 株式会社ワイ・ディ・シー

  • LINE
  • Mail