クラウドを駆使し、ビッグデータを使いこなす「新しい時代のIT活用セミナー

日時
2014年7月10日(水)13:30~17:30
会場
ベルサール八重洲(東京・八重洲)

詳細

【主なプログラム】
●13:30~14:10【基調講演】「クラウド&ビッグデータ時代のICT利活用動向と課題」
(株式会社日経BPコンサルティング テクノロジーインダストリー部チーフコンサルタント 堀 純一郎 様)
企業のICT利活用は、モバイル、クラウド、ビッグデータ、ソーシャルの4分野を組み合わせて上手に利用する"スマート・コンバージェンス"の時代を迎えています。このトレンドについて調査データを基にして解説するとともに、ビッグデータに焦点を当て、利活用の勘所と課題、および解決策のヒントについてご紹介します。

●15:10~15:50 YDCセッション「事例から学ぶ業務改善~BPM活用」
(株式会社ワイ・ディ・シー)
ビジネス環境の変化が激しさを増す現在、経営環境と変化対応に柔軟に対応できることが、ビジネスモデルと直結する情報システムには求められています。企業間、企業内、そして業務。YDCはその全ての領域において、「BPM」「SOA」「ESB」の三位一体ソリューションを用いて業務改善に最適なサービスを提供し続けています。

●16:50~17:30【特別講演】「基幹システムの再構築におけるシステム全体設計」
(株式会社日本アクセス 常務執行役員IT管掌兼情報システム部長 占部 真純 様)
『まもる、つなぐ、つくる』3つのコンセプトで日本の食を支える、株式会社日本アクセス。あらゆる食品・食材の取引量は年間1兆6千億円を超えます。この膨大で複雑かつ多岐わたる取引を支えているITの位置づけは極めて重要であることは言うまでもありません。
グループ会社や組織の再編なども含め、変化も激しく、いくつものアプリケーションが複雑に連携するシステムの全体最適をどのように図るか。基幹系システムの再編を基軸に、より戦略的なIT活用を実践する、日本アクセス様の事例をご講演いただきます。

詳細・お申し込みはこちらから

開催概要

日時

2014年7月10日(水)13:30~17:30(受付開始13:00)

場所

ベルサール八重洲(東京・八重洲)
・東京メトロ東西線/銀座線、および都営浅草線 日本橋駅A7出口直結
・JR東京駅 八重洲北口より徒歩3分
MAP

定員

230名

参加費

無料

主催

株式会社アプレッソ

協賛

株式会社ワイ・ディ・シーほか

申し込み方法

事前登録制です。
申し込みボタンをクリックし、アプレッソのサイトよりお申し込みください。

  • LINE
  • Mail