中途採用募集要項

コンサルタント/製造(設計・開発)/共動創発事業本部

求人一覧

求人内容

事業紹介

<「共動創発」とは?>
製造業の設計開発領域を中心にSCMとの連携によって経営効果につなげる為の、業務改革を推進
するコンサルティングおよびITトランスフォーメーション支援部門です。
我々は、製品技術情報とSCMをつなぎ、日本の製造業がグローバルで勝ち抜く為の支援を行なっ
ています。
元親会社である横河電機の業務改革を推進しながら、難しいテーマを実現し、それらのノウハウ
を踏まえて外部の製造業に対する変革支援を行っています。
自社改革推進と他社変革支援の両方を経験することで幅広い経験とスキルを積むことが出来ます。
また業務コンサルタントからITコンサルタント、ITアーキテクトといった多様的なキャリアパスを
考えることが出来る事も特徴です。

業務内容紹介

【概要】

※下記のようなテーマにおけるプロジェクトマネジャー/及びコンサルタントメンバー
①経営課題に対して技術情報を活用し解決していく「グランドデザイン」コンサルティングの実施
②顧客要求に対して擦り合わせ対応していた製品の技術情報を構造化し、セールスコンフィギュレー
 タに繋げることで提案型営業を実現する業務要件定義や技術情報整理の支援。

【具体的には】

①経営課題に対して技術情報を活用し解決していく「グランドデザイン」コンサルティング
 お客様の経営課題解決に向けたあるべき姿やビジネスツリーの作成をはじめ、顧客技術情報をいか
 に活用してあるべき姿を実現するかの実施施策の立案を行います。
 今まではSCM中心に実施施策を検討していたお客様に対して、技術情報を活用することで、これま
 で解決できなかった課題に対して積極的にアプローチ出来ます。
 業務知識、業務コンサルタントとしてのスキルを身に着け、経営トップから信頼されるパートナー
 を目指してもらいます。

②「フロントエンドイノベーション」技術情報を構造化しコンフィギュレータ導入による提案型営業実現
 パソコンやシステムキッチンのようにインターネット上で製品仕様の組合せから見積もり作成が
 出来る業務モデルをB2Bの工業製品や特注、受注設計の多い製品まで幅広く適用させ、今まですり
 合わせ行為に多大な工数をかけていたビジネスモデルを一新します。
 営業、技術、生産が一体となった新しい業務モデルの構築を企画段階から導入、定着化支援まで
 を行い、技術情報が受注拡大に貢献する仕組みを構築します。
 単純なシステム導入や技術の可視化だけでなくその活用形の仕組みまで展開することで、経営貢献
 に寄与するコンサルティングの経験を積んでもらいます。

応募資格

必須(MUST)

  • ・日本の製造業を強くしたいという想い
  • ・論理的思考力
  • ・コンサルティング経験、もしくは製造業の設計・開発領域に対するITシステム導入経験

歓迎(WANT)

  • ・製造業に対するコンサルティングプロジェクトでのPM・PL経験
  • ・製造業に対するコンサルティング経験
  • ・IT(PLM、PDMシステム要件定義)知識
  • ・製造業の設計開発領域の業務知識・製造業での設計
  • ・開発・生産技術といった各業務経験

ソリューション紹介

マスカスタマイゼーション改革支援

https://www.ydc.co.jp/service/kyodo-sohatsu/masscustomization.html

待遇

就業場所
東京オフィス 東京都府中市府中町1-9京王府中1丁目ビル
雇用形態
正社員
試用期間
3ヶ月(試用期間中の労働条件変更はありません)
就業時間
9:00~17:40
専門業務型裁量労働制により、1日8時間35分働いたものとみなされます。
休憩時間
50分
休日・休暇
土日祝休み(年間休日126日)
年次有給休暇、年末年始休暇、プラチナホリデー(有給以外に5日付与)
慶弔休暇、育児休暇(取得率90%以上、復帰率100%)、介護休暇、ボランティア休職 等
時間外労働
あり(月額16時間分はみなし労働手当として支給)※参考:平均残業時間17.1時間
賃金
年収500万~1,000万円以上 ※ご経験・能力を考慮の上、決定いたします。(賞与有り)
加入保険
健康保険(横河健康保険組合)、厚生年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険
退職金制度
あり(前払い退職金か確定拠出年金か選択)
福利厚生
・交通費全額支給
・健康:定期健康診断の際に35歳以上は1万円で人間ドックの受診が可能、
    看護士による健康相談(週1~2日程度)、医務室完備(仮眠も可能)
・生活:在宅勤務制度、短縮時間勤務制度、ベネフィット・ワン
    フラワーギフト、総合福祉団体定期保険(会社加入の終身保険)、財形貯蓄制度
・自己啓発:外部提携教育、社内外のセミナー、推奨資格取得の図書費補助、取得時は報奨金の支給
・社内環境:社内カフェスペース、Phoneブース、集中スペース、社内SNS