スタッフインタビュー

お客様の現場に密着して
仕事ができるのが魅力です

SE 9年目T.Fさん

現在の仕事内容について教えてください。

システムエンジニアとして、製造業の現場、すなわち工場における課題や悩みを解決する仕事をしています。今は、ある世界的に有名なお客様をメインで担当していますが、他のお客様を担当するメンバー(社員)のサポートをすることもあります。

具体的には、自社だけでなく、ときには他社のシステムやソリューションなども駆使して、歩留まり(不良品が発生しない割合)やリードタイム(製品が完成するまでの時間)を改善するコンサルティングやシステム構築、導入後のサポートなどといった業務となります。

仕事のやりがいとは。

お客様担当として仕事をしていると、幅広い分野やシステムに関する知見が求められます。専門家として一つの製品や技術を極めるのも魅力的だと思いますが、幅広く新しい知識や先進的な技術に触れる機会も多いので自分に合っていると思います。

また、プロジェクト単位でなく長期間にわたりお客様に携わることができるので、自分の仕事の結果を見届けることができますし、成果を上げればお客様からの信頼度も上がってきます。そのようなことを実感できたときは、もっと頑張ろうという気力が湧いてきますね。

入社の動機を教えてください。

東海地区の出身で大学も名古屋でしたので、地元で就職できればと思っていました。プログラミングなどの経験もありましたので、IT業界というのは自然な流れでした。

ワイ・ディ・シーは制度や福利厚生が充実しており、キャリアアップや自己実現を図るための研修制度なども積極的に利用できると聞いて入社を決めました。

中部支社の様子を教えてください。

中部支社は現場のお客様と直に接することも多いので、緊張感を持って仕事ができます。加えて、新しいことや先進的なことに挑戦するチャンスも多く、好奇心の強い方には魅力的な職場だと思います。

また、中部支社は一つのフロアで働いているので、支社長から新人まで全員とあいさつや話ができたりと、みんなの顔が見えるのも良いところです。

多様なワークライフバランスを
選べる会社です。

SE 2年目U.Sさん

現在の仕事内容について教えてください。

自動車メーカーの工程管理や生産計画を支援するシステムを担当しています。まだ入社2年目なので、これまではお客様に提供するマニュアルの作成や先輩のサポートなど、途中参加もしくは一部参加という関わり方が多かったのですが、最近になってシステムの設計(スタート)段階からプロジェクトに参加させてもらえるようにもなってきました。

仕事のやりがいとは。

自分が関わったシステムやマニュアルが納品されたと聞くと、それまでの苦労が報われたようでとてもうれしく思います。

また、やりがいとは違うかもしれませんが、有給休暇や夏休みのような長期休暇を自分のペースで取得でき、仕事とプライベートでメリハリをつけた生活を過ごせるという点では、とても充実しています。

入社の動機を教えてください。

理系ではなかったのでIT業界はあまり意識していませんでした。実際、IT業界で面接を受けたのはワイ・ディ・シーだけだったのですが、会社の雰囲気や人事担当者・先輩方の人柄に惹かれて入社を決めました。

希望の職種でも会社の雰囲気や働いている人と合わなければ、長く勤めることは難しいのではないかと、就職活動を通じて考えるようになったのが理由です。

また学生時代、プログラミングやエンジニアリング的な知識や経験はなかったので不安がなかったわけではありません。しかし、文理や男女を問わず未経験者でも活躍でき、育児休職や短時間勤務といった勤務制度を活用している女性エンジニアもたくさん働いていると聞き、長く働ける環境だと感じたのでワイ・ディ・シーで働きたいと思うようになりました。

自身のキャリアパスをどのように考えていますか。

現段階では、プロジェクトマネージャの仕事ができるようになりたいと考えています。常にプロジェクト全体を把握してメンバー全員に適切な助言をしたり気を配ったりしている様子や、お客様に対して根気強く誠実に対応している上司の方を見ていると、いつか自分もそのようなプロジェクトのリーダになってみたいと思うようになりました。重責を担う業務だと思いますが、自分が中心となって作り上げたシステムが動く様子や、お客様の役に立っている様子を実感できる素晴らしい仕事だと思っています。

また、チャンスがあれば、学生時代に勉強をした英会話を活かす仕事もできたら良いと思っています。

自分で手を挙げて、
今の仕事を手に入れました。

SE 10年目H.Tさん

現在の仕事内容について教えてください。

製造業の業務プロセス改革を推進するコンサルティングに特化した部隊で、主にITアーキテクトと言われるシステム開発を主導する業務を担当しています。お客様の技術を可視化・形式知化し、お客様の強みを踏まえた新しいビジネスモデルへの変革を実現する仕事です。

社内公募の制度を利用して、現在の部署に異動したということですが。

当時、ワイ・ディ・シーの中では始まったばかりの制度だったのですが、新しくコンサルティングに特化した部署での公募がありましたので応募しました。

それまでいた部署の仕事も充実していたので、迷わなかったわけではありません。しかし、入社してプログラマーの仕事に就いて、その後ERP(Enterprise Resource Planning)の導入に従事し、お客様の要求を理解してシステムに反映していくシステム設計の重要性と面白みを学びました。
新しい部署はこのようなこれまでの経験を活かして、さらにキャリアのステップアップを図っていくのに理想的な環境であり、仕事自体も魅力的でしたので思い切って決意しました。

入社の動機を教えてください。

ワイ・ディ・シーは、幅広いラインナップのサービスを提供しており(スクラッチ開発、パッケージ製品導入、自社ソフトウェア開発、ミドルウェア導入)、また、中規模の独立系ITベンダーとして、お客様から直接仕事を請け負うことも多いと聞いたことが、入社の動機になりました。

多様なシステム開発に携わる機会に恵まれ、お客様と向き合いながら責任のある仕事ができるのは、ワイ・ディ・シーならではの魅力であると思います。

積極的にチャレンジできる環境があります。

SE 4年目O.Iさん

現在の仕事内容について教えてください。

ワイ・ディ・シーでは、お客様のビジネスの現場を改革するさまざまなサービスを提供していますが、改善施策を提案するコンサルティングから、システムの設計・構築、そしてお客様ごとに異なる現場において最適化を図る「定着」まで、一連の業務をワンストップで実現しています。

その中で、お客様に話を聞いたり、既存システムを調査しながら業務の分析を行い、構築・導入するシステムの要件や仕様を決める業務を担当しています。

仕事のやりがいとは。

信頼できる上司や同僚に囲まれ、迷わず仕事に取り組めるのでとても恵まれていると感じています。

この会社では、新たなことにチャレンジできる環境があります。上司とキャリアプランについて話し合い、自らやってみたいことを申し出る機会もあります。

また、上司からも新たな挑戦を勧められることがあります。上司からの勧めは今の自分にとって必要なことだと捉え、前向きに取り組んでいます。お客様の笑顔はもちろんのことですが、自分自身のスキルアップを感じられることが、今一番のやりがいです。

入社の動機を教えてください。

「何をするのかよりも、誰とするか」を重視して就活をしました。そのため、業界や業種を絞らずいろいろな企業の説明会を聞きに行ったり、見学に行ったりしました。

ワイ・ディ・シーの説明会に参加したとき、事業説明をされる方の話を聞き、このような人になってみたいと惹かれました。さらに、座談会などで話を聞き、いろいろなチャレンジができる社風だということが感じられました。先輩社員も笑顔の方が多く人間味が感じられたので入社を決めました。

学生へのアドバイスがあればお願いします。

私自身、人と接することが好きで、学生の頃は営業職が向いていると思っていました。どのような職種でも、人とのコミュニケーション力は必要だと思います。今のエンジニアとしての業務も、お客様やチームメンバとのコミュニケーションはとても大切であるため、実際、自分にあっていると感じています。

学生時代の知識や経験だけで仕事を選ぶのではなく、得意・不得意を気にせず広い視野をもって選択するのも良いと思います。

文系出身ですが、
データベースの専門技術者になりました。

SE 4年目S.Yさん

現在の仕事内容について教えてください。

データベースの設計・構築・運用を専門とするデータベースエンジニアとして、お客様の基幹システムなどで利用されているデータベースおよび、関連する自社開発製品の導入・運用のサポートをしています。

データベースは障害などが発生すれば、大きな損害につながりかねない重要なシステムです。そのため、構築や運用にはデータベースだけでなく、製品ごとの専門的かつ高度な技術や知識が必要となりますが、その分、働きがいのある仕事です。

仕事のやりがいとは。

ワイ・ディ・シーでは、1981年に日本で初めてOracle Databaseを販売して以来、データベースに関する多彩なサービスを展開しています。そのような環境下で、国内トップクラスの知識と経験を持つデータベースエンジニアに囲まれて仕事ができることが、大きな刺激となっています。

また、先進的な技術や新しい製品に関しては、若手のエンジニアが中心となって、知識の習得や共有を進めています。そのように、新しい技術や知識を習得できる機会が多いことも、やりがいとなっています。

入社の動機を教えてください。

文系でしたので、学生の頃はまさかこのような専門的な技術職に就くとは想像していませんでしたが、基本的に新しいことに挑戦したいという思いはありました。

多種多様な技術が次々と登場するIT業界は、可能性に満ちあふれていると同時に奥深い仕事だと思い、いくつかの関連企業の説明会に参加しました。

その中で、ワイ・ディ・シーは説明会での印象がとても良く、先輩社員の話からも会社の活気が感じられました。最終的には、文系出身でも専門的な分野で活躍している先輩が多く、お客様に近い現場で仕事ができると聞いて入社を決めました。

プライベートではどのように過ごしていますか。

プライベートではフットサルに打ち込んでいます。学生時代から社会人チームに所属していて、週末は試合、平日も仕事を終えてから練習に参加しています。
学生の頃のようにすべての練習日に参加するのは難しくなりましたが、定時に仕事を終えて気持ち良く練習に行けるよう、集中して仕事に取り組むように心掛けています。

また有給休暇も取りやすいので、バランス良くメリハリのある生活を過ごせていると思っています。

会社として信用される仕事を
めざしています。

マネージャN.Tさん

現在の仕事内容について教えてください。

入社して約20年になりますが一貫して、企業の業務や情報を管理するERP(Enterprise Resource Planning)の導入や運用を支援する事業に携わってきました。これまでプログラマーをはじめ、開発リーダー、プロジェクトリーダー、プリセールスなどを担当してきましたが、今ではお客様の要望をヒアリングしたり、導入するシステムの要件を定義したりする上流工程(設計の初期段階)の業務を担当しています。

最近マネージャ職に就き、9名の部下をマネージメントする「管理職」の仕事が増えましたが、今でも現場に直接関わることは少なくありません。

仕事のやりがいとは。

仕事面では、お客様の課題や悩みが解消されたときにやりがいを感じます。特に、最初は自分たちの提案に対して疑心暗鬼だったお客様に、満足してもらえる結果を出せたときはうれしく思います。

また、プロジェクトメンバーや自分に対しての評価だけでなく、ワイ・ディ・シーという会社が高く評価され、次につながるような仕事をしたいという気持ちも、仕事をする上で一つの目標であり、モチベーションとなっています。

子育てと仕事は、どのように両立しているのですか。

子育てと仕事の両立は簡単なことではありません。今は、フレックスタイム制度を使って出退社時間を調整していますが、そもそも職場でも、家庭でも、周りの人の協力と理解があったので、これまで頑張ってこれたのだと思っています。

ワイ・ディ・シーでは、良い意味で「女性だから」とか「子供が小さいから」といった理由で、業務や働き方の制限を受けたりすることはありません。自分が入社したときの上司は女性でしたので、女性管理職が珍しいという先入観もありませんでした。数多くの先輩が、育児休職制度や短時間勤務制度を活用していましたので、気兼ねなくそのような制度を活用できました。

自社ソフトの業務を通じて
貴重な経験を積んでいます。

SE 4年目S.Kさん

現在の仕事内容について教えてください。

自社パッケージソフト「YDC SONAR(ソナー)」の導入支援やカスタマイズなどを担当しており、全国の工場を飛び回っています。さらに先日は、お客様の海外生産工場におけるYDC SONAR導入にあたり、ベトナムに出張してきました。

ちなみにYDC SONARの担当部署は関西支社に設けられており、私も関西支社の所属となります。

海外出張に行く機会は多いのでしょうか。

お客様が生産工場を海外に展開する際、国内の工場と同じシステムを導入するケースは増えており、YDC SONARの担当に限らず海外出張の機会は増えています。

私は今回、はじめての海外出張となりましたが、手を挙げればだれでも海外出張のチャンスはあると思います。

仕事のやりがいとは。

今は、お客様と直接触れ合うことがとても楽しく、やりがいとなっています。自分たちが苦労してやり遂げた仕事が、「お客様の役に立っている」、「お客様の課題を解決できている」という実感がダイレクトに伝わってくるからです。

システムやエンジニアリングの仕事というと、一見、無機質な印象を抱く方もいるかもしれません。しかし、ワイ・ディ・シーの仕事はお客様の課題や悩みを解決することが目的なので、システムを構築・導入した先には常にお客様がいます。もちろん、個人相手の仕事ではありませんが、担当の方や、現場の方の満足なくしてプロジェクトの成功はありえません。

入社した直後は社内で仕事をする機会が多かったため、このような想いを抱くことはなかったのですが、諸先輩方がお客様の元に出向き、懸命に仕事をする様子を見たり、自分もお客様先に行く機会が増えたことにより考えも徐々に変わっていきました。

入社の動機を教えてください。

理系だったこともあり、情報システム関連の企業に絞って就職活動をしました。いくつかの内定をもらえた中でワイ・ディ・シーであれば、しっかりとキャリアプランを見据えながら仕事ができると思い、また説明会や職場の雰囲気の印象も良かったので入社を決めました。

現在、YDC SONARという製品を通じて、さまざまな経験をさせてもらっていることは、自分のキャリアの大きな財産になっていると思っています。

お客様と直接携わる機会が多いのは、
関西支社の良いところです。

営業 9年目K.Sさん

現在の仕事内容について教えてください。

今は関西支社で営業の仕事をしていますが、ワイ・ディ・シーの営業は、ルートセールスをしたり、電話でセールスをしたり、飛び込みで顧客を開拓するというスタイルではありません。

セミナーや展示会でお目にかかったご担当者様や、Webサイトからの問い合わせを受けた企業などにコンタクトして商談を進めるケースが多く、更に、お客様からお客様を紹介して頂くことも少なくありません。

仕事のやりがいとは。

入社してからの数年間は技術の仕事を担当していたのですが、関西支社内で営業職を募集していると聞き、志願しました。異動した当初は、何をどうすればいいのか分からないことも多かったのですが、最近、一人で案件を掘り起こしてクローズできるようになってきました。
もちろん、技術的なサポートやシステムを構築してくれるメンバーがあってのことですが、自身の成長と大きなやりがいを感じています。

入社の動機を教えてください。

もともと営業の仕事をしたいと思っていたのですが、「物を売ったら終わり」というのではなく、長期的にお客様と関係を築いたり、人脈を広げていったりするような働き方をしたいと考えIT業界を志望しました。

ワイ・ディ・シーに入社したのは、面接をした役員がとてもエネルギッシュだったので、一緒に仕事をしてみたいと思ったのが一番の理由です。

関西支社の様子を教えてください。

社員同士で話しやすい雰囲気があります。ただし、独身の若手が若干少ないので、関西支社への配属を希望する新人がたくさん入ってくるとうれしいですね。

関西支社の場合、販売代理店などがお客様との間に入ったり、大きなプロジェクトの一部として案件が発生したりするケースが少ないのですが、直接お客様と仕事を進める機会が多く、そういった面で個人的には張り合いがあり、働きやすい環境だと感じています。

入社2年目ですが、担当領域に限らず
多種多様な業務に関わっています。

SE 2年目N.Mさん

現在の仕事内容について教えてください。

ESB(Enterprise Service Bus)製品を担当する部署に所属し、導入支援などを担当しています。ESB製品は異なるアプリケーション間を繋ぐシステムです。プログラミングなどは不要ですがESB製品ごとに特徴があり、連携させる新旧のさまざまなシステムに関する理解が必要なので、幅広い知識や経験が求められる分野です。

ただし今は、臨時で他の部署のシステム開発プロジェクトに参加しています。また、今年から新人向けのプログラミング研修の講師も担当しています。

研修の概要と講師を担当することになった経緯を教えてください。

ブロック玩具を組み立てながら、その動きを制御するプログラムを開発する研修で、プログラミングの基礎的な考え方を学ぶことができるものです。

今年から新人研修のプログラムとして新たに採用されたので、自分自身は生徒として研修を受けていないのですが、社内で講師の公募があり、上司からの薦めもあって手を挙げることにしました。この研修は今後も実施する予定となっており、しばらくは講師を担当する予定です

仕事のやりがいとは。

まだやりがいと言えるほどの経験はないのですが、会社として常に新しいことに挑戦できる環境があり、担当領域以外は関係ないという雰囲気もなく、経験や年齢に関わらずさまざまな形で会社に携わることができるので、働きがいがある会社だと思います。

ブロック玩具を使った新人研修の講師公募もそうですが、他にも社内SNSを導入したときにネーミングの募集があり、自分のアイデアが採用されたときはとてもうれしく思いました。

入社の動機を教えてください。

文系だったのですが、ものづくりの仕事がしたいと思っていました。しかし、製造業に就職しても、ものづくりの現場に関われるという保証はなく、むしろIT業界なら文系でもものづくりに関わる仕事ができるという話を聞いたので、IT業界に絞って就活をしました。

ワイ・ディ・シーは説明会や役員面接の雰囲気が良く、緊張しないで話ができたことから働きやすい職場だと思い、入社を決めました。