コンフィグルール整備支援

コンフィグルールをデザインするという事は、顧客プロセスと設計プロセスとルールを可視化し、それらを適合する作業です。
YDC共動創発は、コンフィグルールデザインを成功に導くための方法論を提供する事が可能です。

デザインモデル方法論を活用した設計改革とコンフィグルール整備

マスカスタマイゼーション実現のためには、ビジネス効率の高い商品ラインナップ、製品アーキテクチャ、設計プロセスに変革する必要があります。つまりマスカスタマイゼーション実現の本質は設計改革にあり、この設計改革をコンフィグのシステム設計やルールに埋め込む必要があります。 YDC共動創発は、この作業の成功確立を最大限向上させる事が可能な方法論とテンプレートを提供する事で、製造業のCPQソリューション導入を強力に推進する事が 可能です。なお共動創発のCPQソリューションを用いるならば、共動創発の方法論に沿って実施した「設計プロセス可視化」の結果をそのままコンフィグルールに昇華し活用する事が可能となります。 またYDCでは、この様な「設計プロセス改革」を支援するコンサルティングサービスで活用してきた実績あるツール群を 「ID Suite」として製品化し販売しております。このソフトウェアスィートを活用する事により、ルール整備において重要な「設計プロセスの可視化」や「仕様設計ネットワークの構造化分析」などの作業をユーザの皆さま自身で行う事が容易になります。そしてその技術を獲得する事が、ルールを継続的に拡張しながら運用するという「技術資産マネジメント力」の強化に繋がります。

1906_YDC_kyodokaihatsu_CMS_img05.jpg
mas sol_20200422.png cpq_sol_20200511.png