沿革

1972年 中立系通信システムの構築を目指し、ディジタルコンピュータ(株)創業
1981年 米国オラクル社と提携、日本国内で初めてリレーショナルデータベースソフトウエア「Oracle」の販売を開始
1990年 ディジタルコンピュータ(株)、横河ユーシステム(株)の両社が合併、横河ディジタルコンピュータ(株)が発足
1995年 品質・情報解析ソリューション「YDC SONAR ®」を開発、販売を開始
1996年 (株)データ・アプリケーション「EDIシステム構築ソリューションACMS」の販売を開始
2000年 (株)ワイ・ディ・シー設立 横河ディジタルコンピュータの営業権等、経営資産をワイ・ディ・シーに譲渡
2001年 日本オラクル(株)と「Oracle E-Business Suite11i」などオラクル全製品・技術をベースとするSI事業で業務提携
2005年 データベース災害対策ソリューション「Standby Express」を開発、販売を開始
2008年 SAP NetWeaver PI普及に貢献した事が評価され「SAP AWARD OF EXCELLENCE 2008」を受賞
2009年 (株)データ・アプリケーションより「EDIシステム構築ソリューシACMS」の販売において3年連続最優秀パートナー賞を受賞
YDC SONAR®,「Oracle Award2009」の【Innovative Package Award】を受賞
2012年 業務プロセス改革コンサルティング事業「共動創発」の立ち上げ
予算管理ソリューション「サキヨミmini」を開発、販売を開始
原価管理ソリューション「フカボリ」を開発、販売を開始
2013年 製造工程実績収集システム「W-POP」を開発、販売を開始
Aras Corporation「Aras Innovator」の販売を開始
2014年 (株)フュージョンズと経営管理ソリューションで協業
EDI業務運用監視ツール「VIGIE」を開発、販売を開始
2015年 設備点検業務支援ソリューション「EQ-Keeper」を開発、販売を開始
Data Spider Servista プラチナアワードを受賞