WMS×IoTが生む倉庫管理の効率性

2021.05.19

こんにちは。YDCのヒラです。

昨今のEC需要の拡大や深刻な人員不足などにより、多くの事業者にとって倉庫管理の効率性向上は急務となっています。しかし、マンパワーでこれを解消するのには限界があり、手詰まり感を感じている担当者も多いのではないでしょうか。

また、WMSを導入してはいるものの、作業改善にまで至っていないというケースも見受けられます。こうした際に活用したいのが近年急速に発達を遂げたIoT技術です。こちらでは、そんなIoT技術とWMSを組み合わせることによる倉庫内作業の効率化について解説します。

もくじ

  1. 1.WMS×IoTによる効果とは?
  2. 2.WMSとの組み合わせで活用されているIoT事例
  3. 3.まとめ

WMS×IoTによる効果とは?

Sa_colum_20210519.jpg

IoT技術とWMSの組み合わせは、倉庫内の「モノ」(在庫や書類)の管理性を飛躍的に向上できると期待されます。

まずは倉庫作業の可視化です。たとえばスタッフの位置情報などを計測し収集できれば、作業時間や進捗状況などをリアルタイムに把握できるようになります。また、収集したデータを分析すると、より効率的な動線の提案や、ムダな動作の改善につながります。こうして作業効率が向上すれば、結果として人件費等のコスト削減にも貢献してくれるでしょう。

加えて、倉庫内の異常(温度や不正侵入)を監視し、検知次第アラートを発報するといった仕組みで、商品の管理やセキュリティ向上も可能。また、緊急時だけでなく、集めたデータを基に設備の劣化や変質などの把握にも活用できます。その意味では、設備メンテナンスの手間や労力も軽減できると言えるでしょう。

WMSとの組み合わせで活用されているIoT事例

以下からは、実際にWMSと組み合わせて活用が進んでいるIoTについてご紹介します。

RFID

物流倉庫における代表的なIoTとして例によく挙がる「RFID(Radio Frequency Identification)」。ICチップが埋め込まれた電子タグを使い、商品管理が行えます。

ハンディターミナルを用いた入出庫時の検品、保管情報の登録などは、バーコード等の読み取りを手作業で行う必要があります。一方、RFIDを活用すれば大幅な作業効率化が実現。現在はまだRFIDタグの価格がまだこなれておらず、導入に費用がかかるというデメリットがあります。一方、低価格・大量生産が可能となれば、倉庫管理関連のIoTとして一気に普及が進むと予想されます。

マテハン機器・物流ロボットの活用

倉庫内作業で定番となるピッキングや仕分けの行程には、単純作業も多く含まれます。これらを自動化できるのが物流ロボットの存在です。

WMSから送受信されるデータを基に、倉庫内の在庫を探して歩くといったロボットは実用化も進んでいます。とくに注目されているのがピッキング型のAGV(Automated guided vehicle 無人搬送ロボット)と、荷物を運ぶAMR(Autonomous Mobile Robot 自律走行ロボット)です。また、最近ではAIによる作業の効率化などが実装されている製品も登場しており、実用化が進めば大幅な人件費削減につながるでしょう。

サイズ・重量計測器

Sa_colum2_20210519.jpg

「サイズ別・重さ別・地域別」といった分類を自動で行う仕組みです。たとえばコンベアに流した荷物の各数値が自動計測され、そのデータが、WMSへ送られ、送り状やトラック積み込み時に 確認できるといった一連の行為をオートメーション化できます。スタッフの工数削減はもちろん、適切な梱包箱のサイズを自動で提示してくれるため、配送コストの削減にもつながります。



音声システム

通常のピッキングでは、リストが印刷された紙やタブレット等が利用されています。しかしこの状態だと片手が塞がれてしまい、効率的ではありません。また、誤って商品を落下させるといった事故も起こりやすくなります。

音声システム 「ボイスピッキング」を活用すると、ピッキング作業中のスタッフに対し、イヤホンから流れる音声で指示を出せるようになります。両手が使えるようになるため、作業性が高まるのがメリットです。WMSと組み合わせることで、より正確で快適な作業が実現します。

まとめ

近年話題となっているIoT技術。WMSとの相性は抜群であり、これまでにできなかった作業の効率化や分析などに役立ちます。今回ご紹介したIoTのなかには、当社の「YDC統合物流ソリューション」で提供可能なものも含まれております。また、ご紹介しきれなかった技術などもございますので、まずはお気軽にご相談ください。それぞれの企業様に合わせたご提案を差し上げます。

  • LINE
  • Mail