コロナ禍で議論されるサプライチェーン問題

2020.07.20
代表取締役社長 山本智明

いつもご愛読頂き、誠にありがとうございます。

今回は、コロナ禍で議論されるサプライチェーン問題を起点に、付加価値向上の必要性について考えてみたいと思います。サプライチェーン問題は何か災害が起こると必ず議論されるのですが、何の視点、目的によって考えるかで大きく活動の方向性が変わるように感じましたので、今回はこの問題を取り上げてみたいと思います。

S_Column_202007_TOP.jpgサプライチェーンの問題と絞れば、コロナの影響は色々ありますが「製造できない」、「運べない」事が特に大きな問題だと思います。グローバルサプライチェーン問題では、貿易そのものの原因や、渡航制限による生産活動への影響から生ずる部品調達、供給の問題がありますし、生産ライン運営の問題では移動制限も含め感染者の発生、及び感染対策により生産活動が停滞する問題もあります。

グローバルサプライチェーンについては地政学的な話でもあるので過去の東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨等の災害で考慮されたリスク分散の視点があると考えられます。国内で製造される部品は上記対策の効果も出ているとは思いますが、今回は世界中でコロナが蔓延し、海外での自社工場での生産や海外からの調達が問題になった事により、国内回帰論が多く語られるようになりました。その他にはそもそも水平分業して製造部分を国内外に関わらず他社に出している事が問題なので、水平分業自体を止めた方がいいのではという声も上がってきています。さて、この問題はどう解決するべきなのでしょうか?

ここで個人的に気になるのは、先程の何の視点、目的によってというところです。貿易問題に焦点をあてると国内回帰という話になりますが、元々の海外生産、海外調達の目的は国内で製造するのではグローバルで販売する場合にコスト競争に勝てない事が理由だったと思います。とするとコロナリスクを回避したところで当初の課題が解決できるとは到底思えません。水平分業についてはどうでしょうか?

これも製造業の付加価値モデルでは企画・設計という上流工程と、保守・サービスなどの下流工程で付加価値が大きく、製造部分は付加価値を得る事が難しい為に、その部分を外部へ発注する事が目的だと思います。とするとこの部分を取り込むというのは、過去の問題を再燃させるだけとも取れます。S_Column_202007_02.jpg

今回コロナが蔓延し、執筆現在(7月16日)では世界はまだまだ拡大傾向で、日本国内においても再拡大の傾向なので、長期化する事を見据えて正面から向き合わなければなりません。そこで先程の課題を考えてみると、まずコスト競争を考えるとコロナが永遠に収束しない事は考えにくいので、しばらくは問題があるかもしれませんが、国際貿易が完全に閉じなければ人件費が安価な国で製造する企業が出る限りは同様の土俵で戦わなければならないと思われます。

また、水平分業については得意な分野・工程に特化して利益を最大化する手法であり、さらにモジュール化が進めば分業化が加速されるので水平分業の流れは止められないと思います。こう考えていくと、国内生産と垂直分業への回帰は今の延長上では適用できないのではと感じます。

当然、製造と言っても色々な製品があります。例えばマスクのように国内で製造した場合に利益確保が困難であった為に、ほとんどが海外からの輸入に頼っていた事も発覚し、それが仇となって大きな問題となりました。ただしこの件については、個人的には国内回帰とかの議論ではなく疾病対策にかかわる事なので、石油や米のように安全保障関連の問題のようにも感じます。安全保障的な観点で行う場合は利益重視の理論とは次元が違うので分けて考える必要があります。

S_Column_202007_03.jpgサプライチェーンの問題をリスクヘッジの目的で語りたくなるのは今の世間状況を鑑みると理解はできますが、戻したところで問題が解決するようにも思われないので、つまるところ如何に新しい価値観、体験を提供できるかというもっと本質的な問題に真剣に向き合わざるを得ないように感じてなりません。別の言い方をすれば、コスト低減というカードを封じられたが為に付加価値向上を考えざるを得ない状況にあるとも言えます。それは新しい企画、製品コンセプト、サービス体系等を作り上げるという事になります。もっと大きな変化では研究開発型や新しい付加価値の企画・設計型の企業へ転換する必要があるかもしれません。そこに踏み込まずリスクヘッジだけの視点でみれば、さらに人件費の安価な複数の国に分散して、コロナの影響が少ないところから調達できるようなサプライチェーン網を構築するという発想もありますが、それも今回のコロナのように全世界レベルで発生してしまうと更なる分散はさらなる混乱を誘発するように感じます。そう考えるとこれを機会と捉えて正面から差別化と付加価値向上に取り組むのは良い機会ではないでしょうか。

世界では高コストですが高い付加価値を提供している製品やサービスは多く存在しています。日本は敗戦をしてモノがなく、苦しい経験をした事をバネに高度成長期を迎えたので、安くて良い物を大量に提供する事が美徳として続いて来た価値観があると思います。この価値観が今の豊な日本を作ってくれたので感謝はしておりますが、2020年にもなり物も溢れて世界の中でもコストが高い日本は違う事をしなければならないという事は薄々感じていたと思うので、コロナ禍は踏ん切りをつける意味でいいトリガーになったと前向きに考えるのも一つだと思います。

さて皆さんはどのように感じておられるでしょうか?

  • LINE
  • Mail