外出自粛が続く事で実感してきた事

2020.05.25
代表取締役社長 山本智明

いつもご愛読頂き、誠にありがとうございます。
今回は、現在の新型コロナウイルスによる外出自粛の状況下で思ったことについて、色々と緩く記載して行こうと思っております。

コロナの話は3月のコラムから記載し始めたので、もう3ヶ月目になります。弊社で在宅勤務を開始したのが4月7日からですので、執筆時点の5月19日では約1か月半が経過しました。先月の状態から更に大きく世の中は変化しました。その中で良かった事は、事態の悪化には至らず自粛効果も効いたようで感染も縮小しつつあり、出口戦略の話題が出せるようになってきた事です。

さて、私事ですが1ヶ月半経過するとさすがに外出自粛が精神的に辛いと感じるようになってきました。
皆さんは如何でしょうか? 海外は日本より厳しいロックダウンで家からは散歩も出来ない程の厳しい制限を敷いているところが多いので、更に3ヶ月継続しているとなるとデモを起こしたくなる気持ちも理解できるようになってきました。日本は海外程厳しくはありませんが、最初は外出自粛だからと割り切って新たな取り組みや、今まで調査できなかった事など、色々やり始めたので新鮮味もあったのですが、やはり長くなってくると新鮮味も薄れ、気分転換が出来なくなってきているのか徐々にストレスが溜まってきているように感じます。

S_Column_202005_2.jpg弊社では会議はすべてオンラインで行っており、4月入社の新入社員も研修会社に対応頂けたおかげですべてオンラインでの研修となっております。とは言っても新入社員も入社早々に同期や先輩との交流がないのが可哀想でもあるので、企画グループが話題のオンライン歓迎会を開催してくれました。私自身もオンライン飲み会は行っていなかったこともあり、少し飲みすぎる面はありましたが、これはこれでありかもしれないと思った次第です。しかし、年を取ってきたのか最初は新鮮味もありますが、臨場感が少ないのは否めないので出来れば実際に会って交流したいと思ったのも事実です。

また、マーケティンググループにおいては、展示会やセミナーが軒並みキャンセルになったのでWebで開催するセミナーの企画を工夫しながら進めてくれており、既に実施したものも含め、今後もこの形式での開催を増やして行こうと考えております。ただ大きなイベントについては後半に飲食を伴った交流会を設けている場合もあり、さすがにこれはオンラインでは行えないのが寂しいところです。弊社以外もオンラインセミナーの案内を多く頂いているので、皆さんオフラインからオンラインへの切り替えを早急に行っている様に思われます。しかし、オンラインで代替できるものも多いですが、やはり欠点としては完全にタイムスケジュールを切って行うものなので、ちょっと聞いてみるとか、隣の人と少し話をしてみるという糊付けの会話には向かないように思います。今回改めてこういう会話は人間関係の重要な潤滑油になっているのだなと実感しています。

S_Column_202005_1.jpg

家族の話で恐縮ですが我が家では子供もオンライン授業が始まりました。会社の場合は普段からパソコンを使う事が多いのでまだいいとしても、学生の場合、スマートフォンは持っているとは思いますが、パソコンを持っている人は少ない様に思います。スマートフォンでの授業は画面の大きさから厳しい面もあり、実家を離れて一人暮らしをしている学生などは新たにパソコンの調達とオンライン回線契約が必要であろうという事がとても心配です。現在、色々なモノが世情に応じた需要の急激な変化からシフトしながら品薄になっていますが、パソコン調達についても全世界で需要が高まっており、購入する為の費用面もありますが、そもそも現在の学生すべてに行き渡るのにどのぐらい時間がかかるのだろうかと思ってしまいます。授業を開催する為のサーバーやパソコンを作っている企業、及びサプライヤーの商売を考えるとこの経済が厳しい中では需要が大きくて良い事ではあるのですが、マスクや体温計とは比較にならない程の部品点数がありますし、サプライチェーンが複雑であるのでどこかが滞ると一気に品薄になるように思われます。

S_Column_202005_3.jpg回線についても前回5Gの話を記載しましたが、5Gの普及が大きく2つの点で重要になってくると思われます。一つ目は大量な同時接続が出来る事です。これは、オンライン授業やオンライン会議、オンラインセミナー等が急激に増加する為に接続数が単純に大幅に増加する事です。二つ目は無線通信であるという点です。むしろこちらの方が大きな問題かもしれません。今すぐに必要と言っている状況では、固定回線の工事をするには時間がかかり過ぎ、全体に行き渡らせるには限界があります。

また、これからどの道5Gに切り替えていくのであれば、固定回線を増やすよりも5G基地局を一気に増やした方がトータルで見ても良いと思われます。コロナの前までは4Gでも動画再生が出来る性能がある事より5Gの用途がどこにあるのかについての話が出ていましたが、ここまで一気に世界情勢が変わった今は社会インフラとしての重要性がより増したのではないでしょうか。今までは携帯電話というインフラが今後は社会生活全般を支えるインフラとして大きく変わる段階が来ているように思います。

さて皆さんはこのコロナの中、何を感じられていますでしょうか?

  • LINE
  • Mail