下町ロケットで表現される日本の問題点

2018.10.19

代表取締役社長 山本 智明

いつもご愛読頂き、誠にありがとうございます。

今月から下町ロケットの新しいシーズンが始まりました。 皆さんご覧になられたでしょうか?

私は「プロジェクトX」の時代から今回の「下町ロケット」のような番組はとても好きで、ついつい見てしまいます。

ロケットから医療機器に移り、今回は農業機械という事のようですが、毎回この番組の中では今の製造業の問題をうまく取り込んでおり、感心してしまいます。最初のシーズンは如何に中小企業が生きる道を探して再生していくかという話がメインであったと思いますが、徐々に製造業の事業環境変化に応じた問題を取り上げていくスタイルになってきております。

見ていない方もおられると思いますのでドラマのシナリオは記載しませんが、今回で言えば、改良による高性能化を続ければ売れるという価値観への問題提起であったり、企画設計だけの企業が題材になっていたり、また多種多様な事業を行っている巨大企業の経営不振など、現在の製造業の抱える問題を1話からてんこ盛りに織り交ぜているように感じます。

stockfoto_12880916_XS.jpg 

高性能を売りにするという事については、かつて日本が品質向上、機能向上を継続し、世界の市場を席捲してきたが、ある時点から安い価格で相応の機能を保持した新興国の製品に市場を奪われてきた流れを表しています。 つまり「付加価値とは何か?」という本質的な問題提起になります。

また、水平分業については半導体、スマートフォン、またパソコンに代表されるような分野で顕著ですが、垂直統合から水平分業(企画会社、設計会社、EMS)への切り替わりについての流れを表現しています。 これは企業のポジショニングとどこに強みを持つかという話になります。 

次に巨大企業の経営不振は、現在の重電・家電メーカーが苦戦しているように事業の選択と集中や垂直統合、水平分業のポジショニングをどうするかの複合問題であり、企業は今後どのように変化していくべきかを表現しています。こうして考えると下町ロケットという番組はそれを意図しているのか分かりませんが、事業戦略で考える各分野についてうまくストーリ立てているなと感じます。

さて、これらの問題を考えていくと、共通して言えるのは汎化の推進が要因となっているのではないかと感じています。 例えば汎化が進めば部品化が進みます。 次に、汎用部品を前提とした設計を行い、部品を購入し組み立てを行えば最終製品が仕上がるという状況になれば、部品や組み立て等の各分野に強い企業が現れ水平分業化が進みます。

もちろんコストも削減され、垂直統合ビジネスを行っている企業は競争に勝つのが難しくなります。

また、細かいスペック毎のグレードを用意できる部品化が進むと、必要十分なレベルのスペックを選択して組み立てることで柔軟に要望に対応でき、素早く展開できるようになります。 この流れは上記に記載した適正付加価値と水平分業問題に関係します。さらに、この流れが進めば垂直統合の大企業はグループ企業内だけで各事業セグメントは対応できなくなり、結局最後に記載していた経営不振に巻き込まれます。

stockfoto_40348681_XS.jpg

現に日本において元気な部品メーカーは多く存在していますし、垂直統合の大企業は厳しくなってきました。 部品メーカーで元気な企業はグローバルニッチトップ戦略で成功されている企業です。 

ならこの先、汎用部品展開の戦略で行こうと考えると、これはこれでかなり特化した汎化エリアを開拓しなければなりません。 もちろん自社のコアコンピタンスをうまく活用しなければ新しい領域で勝つのは困難です。 最近ではAIを活用して汎用ロボットアームを提供している企業がありますが、ここはロボットアーム頭脳という新しい汎化エリアをうまく確立したように感じます。このように機械とAIなどを組み合わせて汎化できなかったものを汎化するという手もあるかもしれません。逆に上流、下流に限らずここ20年程度は汎化できないであろう複雑な製品分野という徹底的に汎化できないものを探して対象にするという道もあるでしょう。 

下町ロケットの話に戻すと、佃製作所は部品でのニッチトップ戦略です。 帝国重工は垂直統合戦略です。 ただ、これは作るものの大きさを表しており、ロケットという分野を見ると帝国重工もニッチトップ戦略とも呼べます。

下町ロケットでは登場人物が何を考え、どの企業戦略を取っていくのかという観点で見るとまた違った鑑賞の仕方ができるのではないかと思います。とは言え、実際に私はそんな難しい事を考えながら見ている訳ではなく、阿部さんの熱いシーンにまんまと乗せられてただ熱くなっているだけなのですが...

さて、皆さんは如何でしょうか?

  • LINE
  • Mail