企業における付加価値をどこに入れ込むのか?

2018.08.17

代表取締役社長 山本 智明

いつもご愛読頂き、誠にありがとうございます。

今回は少し違う視点のコラムにしたいと思います。 
唐突ですが、皆さんの事業活動ではどこに付加価値の源泉を盛り込んでいるでしょうか? 最近この問題をよく考えます。 
というのもグローバル化が進み、プラットフォームビジネスが増え、昔ながらの単一的なビジネスでは競争に勝てなくなっており、それが顕著になってきたように感じるからです。

stockfoto_23849316_XS.jpg

この3か月間、社会インフラのIT化を書いてきましたが、これにも通じる点があります。
いろんなところでモノからコトへというキーワードであったり、プラットフォームビジネスと言われたりといい方は少し違いますが、単一製品、単一サービス商売からビジネスルールを変えようと各社模索しています。
IT分野でもこの問題と常に戦っていると言っても過言ではなく、ハードウェアそのものから、ソフトウェアおよびそれを組み合わせるシステムインテグレーション、業務改革まで含めたコンサルティングおよびインテグレーションサービス、さらには業務全体を請け負うアウトソーシングと熾烈な競争を強いられており栄枯盛衰が激しい業界です。

プラットフォーム的なビジネスは、単一製品そのものに付加価値を入れ込むのではなく、すべてを組み合わせた総合利用で最大化されるようにサービス設計されています。 

言い方を変えれば付加価値を散らして入れ込み提供する事で差別化を図っています。 
よって、単一で買ってもあまり効果がないか魅力的ではないようになっています。
製造業の皆様でもこの問題が大きく取り上げられており、プラットフォームとしてうまくパッケージしているのは、GE社やコマツ社の例が有名な事例として取り挙げられています。 

stockfoto_13310122_XS.jpg

単一製品の場合で考えると、装置産業ではノウハウが装置のハードやソフトウェアそのものに集約し、結果資本力での勝負となってしまいます。 
中国、韓国のように国が各種優遇処置を取った場合、もはや単一企業として太刀打ちするのは難しく、国の政策を含めた戦いを強いられます。 
素材産業の場合は単一製品ではありますが、製造ラインは設備も特注で、プラントのように蜜結合で製造されているので、装置や部品を買って繋げればという具合にはいかないのでまだまだ日本の力は大きいと思われます。

製品自体に付加価値があるという点についても、ベテラン技術者にノウハウがあり、技術者がいなくなると製品が製造できないという事も問題になっています。 
ベテラン技術者が退職した際、そのノウハウが完全に再現可能な状態で社内に残っておらず、付加価値の源泉は実はかなりな部分を「人」が持っているという事が表面化したりします。
このノウハウをシステムへ移せば、付加価値の源泉はそちらへ移り、機械へ組み込んでしまうと装置へ移り、装置を外注化するとノウハウ流出により装置産業競争へ巻き込まれてしてしまう危険があります。 
原価低減および生産人口減少への対策に対して自動化は必要ですが、付加価値の源泉も検討しておかなければ将来的に問題になる可能性があります。

組み合わせでの付加価値に話を戻すと、少子高齢化問題もあり、また自然災害等の解決、社会インフラの老朽化、IoT、AI、BigData技術の進歩を考えると、日本においては、ちょうど今のタイミングはハイテクの社会インフラを開発して、その管理及び運用すべてを輸出するという点に官民挙げて力を注いでもいいのではと思ったりします。
過去、田中角栄氏の「日本列島改造論」というのもありましたが、現代版のハイテク列島改造というのも良いかもしれません。

stockfoto_27566279_XS.jpg

政府も「インフラシステム輸出戦略」というのを掲げて2020年までに約30兆円の受注目標を上げているというのもありますし、どのみちIoT、AI、BigDataを活用してビジネスをシフトしようとすると、IT+対象物(製品・建設・建造物)になり、必然的にプラットフォーム販売となりますので、インフラシステム輸出戦略とは相性は良いように思われます。

さらにイノベーションにおいてもオープンイノベーション等の方式も注目、実践されており、複数企業ノウハウを一つのサービスへ統合していくという方向性から、社会インフラはその典型的なものですし、個々の企業で行える規模ではないので模倣難易度が高いということは、競争力の面ではかなり利点があります。 
しかしながら立ち上げ時の投資や時間の問題、自社でコントロールできない部分も多くなるのでデメリットもあります。 
これは模倣難易度と相反するので致し方ないのですが、すべてをその分野に集中せず経営的にバランスを取り、長期的な視点で長く育てていければと思います。
国内の問題を解決しながら現在のビジネスもシフトし、外貨獲得で国益にも貢献できれば素晴らしいのですが。

皆さんはどう考えますでしょうか?